資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴15年くらい。 宝塚大好きです。

USEN(9418)2020年1Q大幅増収増益

売上高474億4600万円 19.3%増
営業利益33億2200万円 80.9%増
経常利益27億19100万円 79.4%増
純利益14億6300万円 116.8%増
1株益24.37円

セグメント別を見ると、メディア事業を除いて、店舗サービス事業、通信事業、業務用システム事業、コンテンツ配信事業、エネルギー事業、ほぼ全てのセグメントが好調なことが確認できます。一部、増税前の駆け込み需要もあります。

とくに、U-NEXTのコンテンツ配信事業は大幅な増益です。利益貢献が始まりました。昨年、優待拡充を連発していたので、株価は急上昇し続けています。息の長い相場になるためにも、一旦軽い株価調整して、弱い玉の振るい落しがほしいところですが、売る必要のない文句なしの決算です。

米国、イラン衝突により相場調整。久しぶりに良い調整です。

・米軍によるイラン革命防衛隊ソレイマニ司令官の殺害
・イランから、イラクにある米軍基地がミサイル攻撃を受ける
www.nikkei.com

本日10時23分現在、相場は調整しています。直近、調整らしい調整がなく、相場は上昇を続けていたので良い機会です。ちなみに、ソレイマニ司令官はシリアのアサド政権に虐殺の手法を伝授したり、様々なテロに関与しており、司令官といっても明確なテロリストです。よって、現時点では、国際世論から米国への批判は大きくなりません。昨年まで、米軍のドローンが撃墜されたときにも、米軍は反撃しませんでしたが、今回はさすがに事前に情報を察知したのか、大使館攻撃で明確なレッドゾーンを超えたのでしょう。米国の民主党議員が、事前に情報を共有しなかったトランプ大統領を批判をしていますが、精密攻撃する前に情報を共有するわけありません。リークすれば作戦が失敗するからです。さらにテロリスト認定しているので、国際法にも違反しません。

www.nikkei.com

#2 キュービーネット(6571)の状況が変わってきたようです。

キュービーネットについては、過去の記事に少し登場したくらいで、詳しく書いたことがありません。今回も詳しくは書きませんが、状況が好転しているようです。

キュービーネットの過去記事はコチラ
picul.hatenablog.jp


本日の終値株価は2,543円です。週足を確認すると昨年、1,600円〜2,300円のボックスを上に突き抜けて、現在は2,000円〜2,700円のボックスを形成しています。
f:id:picul:20200107212752p:plain

日足を確認すると、短期的には過熱感があります。75日線、25日線から上方に乖離してます。ファンダメンタルズ変わらなければ、調整したとして、2,300円くらいでしょうか。
f:id:picul:20200107213822p:plain


何故か調べると、そもそも決算が順調です。
f:id:picul:20200107213145p:plain
7〜9月期の売上高営業利益率は13.5%まで高まっています。前年同期比は9.3%でした。これは確実に値上げの効果です。同社は値上げを実施して、従業員の満足度も向上させるサイクルを重視しています。それがうまくワークしているのです。値上げを実施しても客離れが起きなかったのは私の想定通りです。なぜなら男性のヘアカットは非常にリピート率が高いからです。女性と違って、一度利用すれば、その店舗から違う店舗に乗り換えるのは少数です。わかりやすいレベルで、満足度が下がらないかぎり、今後もリピート率は維持されるでしょう。今後は月次をチェックして、四半期決算をうまく乗り越えていくことが重要となります。リスクは巨額ののれんと借入ですが、ここは本業が順調であれば問題ないので、月次チェックが重要です。

「War Room」中上級者イベント始動

piculです。

2020年になりました。
今年もよろしくお願い致します。

今年の投資イベントをお知らせします。引き続き、多くの方が参加することができる株トークは開催します。そして、新しいイベントを企画しました。イベント名は「War Room」です。
f:id:picul:20200123193419p:plain

1:イベント内容

結論から申し上げると、具体的な投資戦略の共有です。基本テーマは「買いポジションのアイディア」としますが、新しいテーマも考えていくのでご期待ください。株トークの銘柄トークゲームでは、気になる銘柄を共有する事を目的としていましたが、それではフワフワとして中上級者には物足りないという問題がありました。保有してもいないし、今後買う予定もない銘柄を共有しあっても意味がない。という意見もあります。War Roomはその点を改善して、中上級者が楽しめる会にします。土曜日か、日曜日の午前中に開催しますが、主催側でランチ会の設定はありません。

2:参加条件

中上級者が楽しめる会がない。という課題を解決するのが目的なので、中上級者の方限定としています。しかし、漠然と中上級者といっても対象になっているのか判断できません。ですので、War Roomに参加するために中上級者の定義を決めておきます。

中上級者の定義
①自力でポジションとポートフォリオを構築できる
②出口戦略を決めることができる
③設定来利益がプラスである→投資を始めてからトータルプラスのリターンである
④他人の意見、Twitter、ブログが無くても資産を増加させることができる

以上、4点を満たした場合を中上級者とします。

LINEオープンチャットで募集します。参加されたい方は直接私までご連絡いただけると助かります。中上級者限定です。

3:基本テーマ「買いポジションのアイディア」について

各自、買いポジションのアイディアを1銘柄用意してきてください。「現在保有中の銘柄、もしくは今後買付予定の銘柄」、どちらでも構いません。ポジションのアイディアを共有したからといって、将来的に答え合わせをすることはありません。あくまで、その日その場限定の勉強材料とします。ご安心ください。

保有中の場合
①買った理由
②なぜそこで買ったのか(可能であれば平均取得単価)
③出口戦略

などを最低限アウトプットしてください。

今後、買付予定の銘柄であれば、
①買いたい理由
②どのタイミングや株価で欲しいか
③買った場合の出口戦略

などを最低限アウトプットします。

どちらの場合でも、上記3点は必ずアウトプットします。会場内には6人テーブルを設置するので、1人8分以内にアウトプットしてください。もちろん正解不正解は一切ありません。その時買いと思っても状況が変わることは株式市場の常識です。そして、資産が多いとか少ないとかも関係ありません。中上級者の方で、自分で継続的に投資を続けている方であれば同じ土俵です。楽しみながらアウトプットをして頭の体操をしましょう。仕事ではありません。大好きな株式投資の勉強です。誰が凄いとか凄くないとか一切関係ありません。上下関係も一切ありません。楽しみましょう。

4:場所

大阪市内のスペースを確保します。

5:費用

会場費として1,000円です。

6:告知

1月26日、実験的に「第1回War Room」開催します。今回は実験の意味も込めて、大阪住まいで、よくお会いしている中上級者の方にだけお声がけしましたが、次回以降はLINEオープンチャットで募集します。参加されたい方は直接私までご連絡いただけると助かります。中上級者限定です。

7:ハウスルール

①発言への否定批判禁止(もちろん質問はOK)
②発言者は一切の責任を負わない
③会場内での銘柄は一切漏らしてはならない→相手に許可を取れば双方の合意の元でOK
④参加条件は中上級者

8:イベント日程

2020年1月26日(午前中)、3月21日(午前中)
以降、決まり次第書き加えていきます。

緩やかな上昇が続いてます。

様々な銘柄に資金が流入し続けています。緩やかな上昇相場です。相場の方向性は読めませんが、成長し続けている会社は、上下ブレながらも株価も上昇していくのが自然な流れです。そのブレで一喜一憂せずに資産防衛することが大切です。私の現在のポートフォリオの内訳は、7銘柄で資産の50%を占めていて、40%は超分散で50銘柄、10%現金となっています。


個別銘柄の上昇相場に上手く乗れずに焦っている方もいるでしょう。もしくは、乗っていたけど、すでに手放してしまって後悔している方もいるでしょう。それらは改善すべき点があれば今後に活かしてください。しかし、焦らなくて大丈夫です。相場は今回だけではありません。過去を悔やむんで後ろ向きになるのではなく、そこから学びを得てください。ヤケになって台無しにしてはいけまそん。各々、必ずチャンスはやってきます。そこを逃さないように学びを得てください。


いずれ暴落相場がやってきます。直近、いくら地合いが良いからと言って、たった一度の暴落で破滅するようなポジションをとってはいけません。



息子はシャボン玉のおもちゃが大好きです。床がベチャベチャになるのが難点です。。。