資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

魅力的なビジネスの例、ダイオーズ、プレミアグループ、要興業、ピクスタ、QBネット、コメダ、ピックルス、西本Wis

エリアリンクが急上昇していて、もうすぐ買ってから3倍になります。そのことが友達との飲み会でネタになって、他にどういうビジネスが魅力的に見えるのか聞かれました。色々答えるとキリがないのですが、ダイオーズ、プレミアグループ、要興業、ピクスタ、QBネット、コメダ、ピックルス、西本Wisなんかを例に出して酒のつまみに話してきました。(ビジネスが魅力なのであって、株価が割安なのか割高なのかは別の話です。どんなに魅力的なビジネスでも割高のときに株を掴めば長期間苦労します。)


例えば、ダイオーズ4653(3月29日終値1,225円)は継続的に売れる商材のみを取り扱って、ストックを積み上げるのが上手。

プレミアグループ7199(3月29日終値2,805円)はオートローンとワランティで独立系の強みを発揮しながら成長、他社にはない営業力、人的フォローやワランティとの組み合わせなどで圧倒。

要興業6566(3月29日終値933円)は、ゴミ収集箇所を増やせば増やすほど、地味ながらも安定して売上が上がる仕組み。

ピクスタ3416(3月29日終値1,655円)は先行費用で利益死んでるが国内ピクスタで無双、フォトワ事業で革命をおこしながら帝国を築きつつある。

QBネット6571(3月29日終値1,980円)は、10年後も人々は髪を切っているのは想像がつくし、一度利用した人は高確率でリピート、さらに海外展開もしてる。そもそも、競合の美容院や散髪屋とはビジネスのやり方が根本的に違う。

コメダ3543(3月29日終値1,998円)はフルサービス喫茶の市場で安定成長してるし、どれだけAIが発達しても憩いの場は必要。

ピックルス2925(3月29日終値1,786円)は野菜価格高騰でダメージ受けてるが年単位で見れば順調に成長、しかも扱っている商材は継続的に買ってくれるもの。

西本Wis9260(3月29日終値4,750円)は年々評価が高まっている日本食素材でグローバルに成長、この規模で展開するには一朝一夕には到底無理。


色々例をだして飲み会で話してましたが、大切なことがあります。いくら素晴らしい会社でもまともな株価で買わないと損します。私は出来る限り安値で株を買うことを大切にしています。だいたい、市場全体が急落するときには、それにつられて下がることが多いので、そういうときに株をしっかり買うようにしてます。もちろん、市場が急落しても、まだまだ割高のときもあるので、その時は買いません。ちなみに、株価が上がってからは滅多に買いません。下がるの嫌だからです。


ですので、ネットで騒がれてる煽り銘柄とかに乗っかって、高値で株を買うのはありえないです。誰も見向きもしてないときに買うのです。


さらに、いつ買うのか、どこまで保有し続けるのか、いつ売るのか、それらが自分で判断できないと、株式投資で継続的に資産を増やすことはできません。ビギナーの方は、銘柄を追いかけるよりも、自分一人で判断できる投資手法を身に付けることをオススメします。


※記事中に書かれている銘柄はあくまでビジネスの例です。私のブログでは推奨等の行為は一切しません。