読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

アドバイスを求めていない人にアドバイスをしてはいけない。

皆さん、こんにちは。

大阪は晴れで気持ちのいい天気になっております。

 f:id:picul:20170519142223j:image

 

先日、NLPを学んだ仲間と久しぶりに再会しました。(NLPとは神経言語プログラミングのことで、要は心理学の一種です。これを学んだおかげで目標設定やそれの実現が容易になりました。人間関係においても相手の価値観や、嘘が瞬時に見抜けます

興味ある方は、NLP-JAPANラーニング・センター|日本NLP協会 公認スクール

で学べるのでどうぞ。)

 

仲間と話題になったのが「アドバイスについて」です。

 

例えば、誰かが悩みを話してきたとします。

そこで、解決策を思わず語りだしたくなりますよね。

 

でも、それアウトです。

 

逆効果です。

 

悩みを話してきたなら、その話を聞くのです。

共感して、キチンと話を聞くのです。

そこでタイミングを見計らい、こちらから質問をしていきます。

その中で、相手がアドバイスを求めてきたら、アドバイスを話せばいいでしょう。

 

アドバイスを求めていない人に

「〇〇するといい」

「〇〇した方がいいよ」

「そういう時は〇〇だよ」

こういう発言すると、

親切心や良かれと思って言ったことがマイナスになることが多々あります。

 

相手はアドバイスを望んでいないからです。

すでに知っていることをアドバイスされたら、イラっとする人もいます。

「私が知らないと思ってるの?」と心の中で呟いている人もいるのです。

 

大事なのは、話を聞いてほしいという事実です。

 

相手が話していくうちに解決することもありますし、「どうしたらいい?」「どうすればいい?」とアドバイスを求めてくることもあるでしょう。

アドバイスを求められたときにだけすればいいのです。

 

そうすれば相手は喜んでアドバイスを聞きます。

会話の中で、自分の価値観や、知識を押し付けると反発を生みます。

キリン堂(3194)の新店舗はあきらかに勢いがある。主婦主夫のミカタ。

ドラッグストアのキリン堂(3194)といえば、正直廃れたイメージありました。

実際、私の周りでも廃れたイメージを持っている人がたくさんいました。

しかし、状況が変わってきたように感じます。

最近は新規出店を積極的に行い、不採算店の閉店を粛々と続けています。

 

最近の出店されている新店舗はあきらかに活気があります。

食品に力を入れ圧倒的な安さで、主婦主夫によるファンが増えており、来店頻度が増えています。

ポイントカードの保有率も高く、少しづつ顧客を取り戻しています。

ちなみに、食品に力を入れることは非常に大事です。

そこは儲け度外視です。釣りでいう”撒き餌”です。

来店してもらうことに意味があるのです。

来店頻度が高まれば、そこでついでに買い物するからです。

 

現時点の業績を見てみると、売上高は”ほぼ右肩上がり”です。

しかし、営業利益の推移はガタガタ。

営業利益率、ROE、自己資本比率も低いです。

(詳しくは決算短信や有価証券報告書を見てください。)

これだけ収益力が低いので、本来なら中長期投資の対象としてアウトです。

ドラッグストアはそもそも利益率が低いですが、ドラッグストアを中心業態とする上場14社の中で、キリン堂はダントツで最下位の利益率です。

 

私の5項目でいうと、

「業績が良い」の項目を満たしていません。

(5項目は、「ビジネスモデル、業績、財務、計画の進捗率、バリュエーション」これらを満すことが、私の投資において大事なポイントなっております。)

しかし、実生活での肌感覚で”何か”が変わろうとしています。

そのためお気に入り銘柄(監視銘柄)に組み入れています。

 

本日の株価は839円で、2018年2月期の1株益予想は62.17円

よって、今期予想PERは13.50倍

配当性向は40%で1株25円。

配当利回りは2.98%。

ペッパーフードサービス(3053)がフィーバー。

ペッパーフードサービス(3053)が高値を追っています。

株価が高値になればなるほど、徐々に、将来のファンダメンタルズを先取りし過ぎていくことになります。

そのため、最終的に誰かがババを引くことになります。(最高値で株を買ってしまう)

 

 3ヶ月まえの記事を見ると、まだ1,500円くらいでした。

picul.hatenablog.jp

本日は3,000円を超えているので

つまり、短期間で2倍になっています。

NY進出の話題や、好決算など材料もりだくさんで、人気になったのです。

 

【株価は変動するもの】ニュースを後追いして一喜一憂していたらダメ。

いいかげん相場に振り回されるのやめましょう。

日々、相場と向かいあっていると
様々なニュースに触れ合うことになります。
それは個別銘柄のニュースであったり、海外情勢の話であったり。

そういうニュースを見て、一喜一憂していてはダメです。
一喜一憂すれば、高いところで買ってしまい、安いところで売ってしまうことになります。
まさにミスターマーケットに振らされることになるのです。
(短期トレードは、高いところで買ってさらに高いところで売る。安いところで売ってさらに安いところで売る。こういう手法もあります。)

私は株式投資ビギナーのころ
ミスターマーケットに振り回されていました。
株価が上がっているときは、自分の心が明るくなり、株価が下がってくると自分の心が暗くなるのです。

今、考えるとアホらしいです。

命とられるわけではありません。
自分の家族が殺されてしまうわけでもありません。

株価は変動するものなのです。
自分のルールに基づき冷静に仕事をすればいいのです。
大切な家族や友人との時間を、どんよりした気持ちで過ごしてはもったいないです。

株価が変動するのは、
短期的には需給や人気ゲーム
中長期的には会社のファンダメンタルズに基づきます。
それが分かっていたら、自分がどのスタンスで投資で挑むのか明確にしておくだけです。
自分のスタンスが明確になれば、株価の変動を利用するのです。

【決算Good】ダイオーズ(4653)は安定成長を続けている。

ダイオーズ(4653)が2017年3月期の本決算を発表しました。
内容はGoodです。
決算の詳しい数値は、決算短信を参照してくださいね。
その方が勉強になりますし、間違いがありません。
決算短信は、数字だけでなくて文章も読みましょう。
経営成績の状況は、今後の見通しが簡潔に分かるように工夫されています。


2017年3月期の実績値は増収減益。
・今後の成長のための戦略的減益
   ➕
・為替による見かけ上のマイナス
なので減益は問題なし。


2018年3月期予想は増収増益。
1株益は88.19円。
株価1,090円で今期予想PERは12.36倍
国内でのストックビジネスの強化+米国事業が着実に育っています。


5項目見てみます。
ビジネスモデル(売上成長余地、強み)◯
業績⇒ほぼ一貫して長期的に増収増益なので◯
財務◯
計画の進捗率⇒本決算なのでありません。
バリュエーション◯
5項目揃っているので、このまま保有継続します。


5項目の詳しい内容は中長期投資マニュアルを参照してください。