資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【ストックビジネスの例】ダイオーズ、エリアリンク、プレミアグループ、富士山マガジン、パラカ、ニイタカ、三機サービスなど

私はストックビジネスが好きです。継続的にチャリンチャリンとお金が入金される仕組みが好きなのです。


例えば、オフィスサービスを提供しているダイオーズ4653は、様々な細かい商材を無数に扱っており盤石なストックビジネスを築いています。円高の影響や先行費用で見かけの利益は鈍化していますが、会社を所有するという観点からは何ら不安ありません。


エリアリンク8914は、ようやく時流になりつつあるストレージ(収納トランクやコンテナ)でストックビジネスです(ストック以外の売上もあります)ストレージは様々は企業がしのぎを削っており、とくに外資系は一棟ビルでお洒落を全面に攻めてきています。まさにストレージ戦国時代に突入しようとしています。しかし、エリアリンクは土地付きストレージで、高収益体質を確保しています。投資家としては、流れが変われば撤退すればいいだけです。そこに雇用されているのであれば大変ですが、投資家は資金を引き上げるだけです。


プレミアグループ7199は、車のクレジット事業(オートローンなど)とワランティ事業(自動車保証)でストックビジネスです。万一、オートローンの貸し先がデフォルトしても、保険でカバーしてます。さらにお金は提携金融機関が出すので、リスクを低減しながら効率の良い経営をしています。今後は東南アジアでの事業が重要になってくるでしょう。直近の株価は上がってますが、2月初旬の暴落時にはバーゲンセールになっていました。


富士山マガジン3138は、雑誌の定期購読でおなじみです。同社は2017年と2018年を積極的な投資の年と位置づけているので利益が低迷しています。そのおかげでようやくまともな株価水準まで低下してきました。今後1年以内は低迷するでしょうが、1年以降で考えると面白いです。


パラカ4809はコインパーキングで地味に成長している企業です。顧客と契約しているわけではありませんが、出店地を厳選しているかぎりストックビジネスのようなものです。都心部では慢性的にコインパーキングが足りていないので、継続的にチャリンチャリンとお金が入ってきます。


ニイタカ4465は業務用洗剤や固形燃料で裏方ビジネスをしています。業務用洗剤や固形燃料は継続的に必要な商品なので、一度納入すれば多少のぶれはあるにしろ、継続的にチャリンチャリンです。2月の暴落ではバーゲンセールでした。


JSS6074はスイミングスクールです。スイミングスクールは一度入会すると、長期に渡って通うことが多いです。(特に子供会員)そのため安定したストックビジネスの部類に入ります。低成長で原油の影響も受けるので、短期的なブレを気にする投資家にとっては投資対象外になりますが、気にしない人は投資対象になります。


三機サービス6044は空調メンテナンスやトータルメンテナンスを主力事業にしています。スーパーや大手コンビニの仕事を受注して安定高成長を実現しています。


色々、ストックビジネスの例を出しました。個人的に、このように継続的にチャリンチャリンお金が入る仕組みの会社は長期保有したくなります。というより、長期保有していて安心です。ですので、長期投資の候補になるのはストックビジネス、もしくはストックビジネスのような仕組みを持っているビジネスです。

エリアリンク8914は長い付き合いになりそうです。

エリアリンクは、2017年に長期保有を目的に買った銘柄です。同社はストックビジネスの比率が大きく高まり、安定高成長のビジネスモデルに変化したにも関わらず、去年の1〜2月は1,300円以下で割安放置されていました。安く買えているので、状況が変わらないかぎりこれからも長期保有して育てていきたいと思います。
picul.hatenablog.jp


決算動画が公開されています。
www.irwebcasting.com


中長期保有銘柄は積極的に玉操作しますが、長期保有銘柄は基本的に玉操作せずに持ち続けます。
picul.hatenablog.jp

【年初来プラス3%】ようやく資産が復活しました!!

皆さん、こんにちは!!
本日は大阪で「みんなで株トーク」です。久しぶりにお会いする方もたくさんいらっしゃるので楽しみです。


基本的に、「銘柄トークゲーム」を中心にワイワイします。
f:id:picul:20180216113535p:plain


参加される方、よろしくお願い致します。
まだ若干、席が余っているようです。
twipla.jp


前回、無断キャンセルが急増してしまって、会議室を借りてもマイナスで持ち出しになりました。これからも「みんなで株トーク」の継続を願っているので、キャンセルする時は出来るだけ早く”主催者スワン”に連絡してもらえると助かります。マイナス分はスワンがポケットマネーで補ってくれています。


さて、株の話をすると、ようやく資産が復活して年初来がプラスに戻りました。まだまだボラタイルな相場ですが、安値で仕込んでいる株もかなりあるので、ポートフォリオの質はかなり高まっています。


直近でいうと、多めに買っていたシステムディが昨日の急騰局面で利益確定できましたし、日本モーゲージも分割利益確定と買い戻しを駆使することでかなり利益が積み上がりました。(これは完全に超絶IRに救われました。。。)安江工務店も分割利益確定と買い戻しがかなりハマったので良かったです。
昨日、西本Wismettacが良いIR発表だったのにも関わらず大幅安だったので3,600円台で買ったのですが、本日速攻上昇したので分割利益確定。このまま上がれば今のポジションで楽しみ、下がって取得単価まで戻れば、売った分を買い戻し予定。どちらに転んでもOKです。
MSコンサルとクレステック、ビーグリーが含み損のままで正直痛いですが、ファンダメンタルズ変わっていないので保有継続。
ピクスタは昨日の急落局面で買い増ししようと思ったのですが、間に合わず。。。
白鳩も暴落していたので買い戻したかったのですが、買い戻せませんでした。。。これは辛いです。
利食っていたジェイ・エス・ビーを買い戻したいと思っているのですが、なかなか買値まで戻ってこないので気長に待ちたいと思います。

長期銘柄の代表格であるダイオーズやコメダ、エリアリンクは良好なファンダメンタルズにも関わらず、地味な株価ですが黙って待ちたいと思います。もちろんいじっておりません。

JBCCは分割利食いしていた分を買い戻し成功。
仙波糖化も安値で買い戻しに成功。上方修正してないですが安心感あります。ニイタカはもとんど持っていませんでしたが、暴落で魅力が増したので安値で買いました。ハリマ共和物産なんかも安いと思うんですがね。。。
他にも色々とやっていますが、現在の保有銘柄が60近くあるので、全部書ききれません。
色々、こねくりまわしていますが、一時年初来10%以上あったことを考えると、まだまだ寂しいパフォーマンスです。年初来プラス復活といっても、今この昼の時点で年初来3%ほどです。。。


久しぶりのボラタイルな相場で思ったのですが、やはり自分は分割売買が性に合ってますね。臨機応変に生き残っていきたいと思います。


先ほども申し上げた通り、ポートフォリオの質は高まっているので、あとは楽に利益出せそうです。Twitterでも呟いたとおり暴落局面で積極的に行動したのが今のところは功を奏しています。


しかし、どうなるのかわからないのが相場。引き続き気を引き締めて取り組んでいきます。


ブログ中で書かれている銘柄は、いつ売却するかわかりませんし、いつ見方が変わるか分かりません。見通しが変わってもブログで書くかどうかもわかりません。ですので、銘柄は絶対に参考にしないでくださいね。あくまで投資行動を共有しているだけです。

【市場の歪み】個人投資家のマインドが悪化。

個人投資家のマインドが悪化しています。


少し前までは、良好なファンダメンタルズにともなって、高値でも株を買う投資家がたくさんいました。しかし、お金が逆回転し始め、株が売られだすと、利益確定や損失確定の嵐です。「下がるから売る。売るから下がる。」こういう流れが出てきており、ファンダメンタルズも関係ありません。


私は引き続き、相場を予想しません。
長期銘柄は配当を貰いながら長期で保有。中長期銘柄は高値で分割利益確定していた株を、順次買い戻しています。(現時点ではこれが上手くワークしており、分割利益確定の強みを発揮したなという印象です。買い戻しチャンスが嬉しいです)さらに、そもそも温存していた現金も少しづつ使っています。景気の影響を受けても、持続的に成長できる、本当に所有したい会社だけを集めていきます。良好な決算にも下落している銘柄もあるので、新規で買い付けもしています。個人投資家の懐が傷んでいるので、市場のマインドが回復するまで時間がかかるかもしれませんが、じっくりと腰を据えて挑んでいきたいと思います。


ちなみに、ついに昨年12月末時点の資産まで逆戻りしました。一時は年初来プラス10%以上あったんですが・・・


■直近の投資行動
picul.hatenablog.jp

picul.hatenablog.jp

picul.hatenablog.jp


■関連記事
picul.hatenablog.jp

【超絶IR】日本モーゲージ7192

日本モーゲージが超絶IRを発表しました。
なんと、上方修正、株主優待、株式分割、増配が同時に発表されたのです。


久しぶりに気持ちの良い開示でした。


決算シーズンなので、保有している銘柄の開示が続々と進んでいますが、予想以上に市場が荒れているイメージです。良い内容でも、そこを利益確定のタイミングとばかり徹底的に売られたりもします。


長期銘柄は今まで通りじっくり腰を据えてホールドしていきます。中長期銘柄では分割利益確定や買い戻しを駆使しながら、資産防衛をしていきたいと思います。直近は株価調整しているので、分割利益確定していた株を、割安になっているものから順次買い戻しています。やはり、自分の中では長期投資と中長期投資、両方を並行してやることで、心のバランスがとれているように思います。


引き続き、相場を予想せずに個別銘柄に注視していきます。