資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

株のリサーチに手間を惜しんではいけない

私はむやみやたらに株の注文を出しません。
株の衝動買いなどもってのほかです。

多くの人は、家電製品を購入するときに、”あと数千円安くするため”に何日もかけてリサーチします。
さらに強者は、その家電が安くなるまで何ヶ月も待つ人もいるでしょう。
株式投資にも、家電製品を調べるくらいの情熱をかけるべきでしょう。
(もちろん、家電製品を調べる以上に、もっともっと情熱をかけましょう。)

大事な大事な虎の子の資産なのだから、株のリサーチに手間を惜しむべきではないのです。

そうすれば、注文をむやみたらにすることがなくなります。
売買の精度が上がり、自分のお気に入りの株だけでポートフォリオを構築することができます。

「この株大丈夫かな〜。」
「明日下がったらどうしよ〜。」
こんな風に不安になるということは、リサーチが足りていない証拠です。

不安になれば感情に支配されます。
感情に支配されれば、まともな判断ができません。
まともな判断ができなければ、投資の成績も思わしくないでしょう。