資産防衛の日々

投資歴17年:独自のルールに基づき割安成長株に中長期投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。宝塚ファン。

7199プレミアグループ2021年3月期決算

f:id:picul:20210510204218j:plain
7199プレミアグループ
5月10日株価終値2,411円
2021年3月期決算
営業収益178億2,500万円(27.2%増)
営業利益34億6,300万円(33.0%増)

コロナ禍においても大幅に増収増益という結果になりました。詳細は説明会資料に書かれていますが、個人的に重要だと感じでいるのはオートモビリティ事業の存在感が増したことです。営業収益の構成費9.7%となっており、四半期ごとの伸びも大きいため注視すべきポイントです。同社との相性は良く上場後から何度も分割売買(割安時買い戻しや分割利益確定)しています。事業や株価の癖を知ると、株価の変動は友となります。