資産防衛の日々

投資歴17年:独自のルールに基づき割安成長株に中長期投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。宝塚ファン。

4350メディカルシステムネットワーク2021年3月期決算

f:id:picul:20210510203221j:plain
4350メディカルシステムネットワーク
本日株価終値715円
今期予想PER11.98倍

2021年3月期決算
売上高1,045億2,700万円(△0.9%)
営業利益34億2,900万円(112.3%)
経常利益34億7,900万円(123.0%)
純利益21億9,800万円
EPS72.51円

今期予想EPS59.70円

同社のセグメントは地域薬局ネットワークがメインとなっており、売上や利益の大半を占めています。さらに、同セグメントを分解すると医薬品ネットワーク事業、調剤薬局、医薬品製造部門やデジタルシフト部門などがありますが、重要な事業は医薬品ネットワークと調剤薬局になります。なぜなら、同社の売上や利益はこの2つの事業で成り立っているからです。しかし、現時点で医薬品ネットワークがどれだけ稼いでいて、調剤薬局がどれだけ稼いでるのかは分かりません。数年前から非開示となっています。そのため、利益率の低い調剤薬局に打ち消されて、医薬品ネットワーク事業の非常に高い利益率が見えなくなっています。それでも、毎年説明会資料で売上高や利益の前期比要因を書いてくれてるのである程度概算を導くことは可能ですが…

見た目の業績は汚いですが、構造的に事業が変化しているパターンです。今後は医薬品ネットワーク事業に注視していくことが重要となります。