資産防衛の日々

投資歴17年:独自のルールに基づき割安成長株に中長期投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。宝塚ファン。

地味ですが一攫千金を狙わないのがスタンスです:picul

f:id:picul:20201121221927j:plain
皆さん、お疲れ様です。3連休ですね。しかし、残念ながら専業になってからは、混まない平日に好んで出かけるようになっており、3連休が嬉しいとか一切思わなくなりました。どこも混んでいるので家族で大人しくピクニックでもします。


連休といえば、リスク回避の目的でポジションを落とす人もいますが、私は連休は関係なくポートフォリオそのままにしています。急な株価変動によって、困るやり方はしていなくて、基本的に私の株式投資は常に安全運転なのです。一攫千金を狙うこともできますが、私が一番大切にしていることは資産を減らさないことです。ですので、分散投資と現金比率にこだわるのです。(分散といっても、大抵は4〜6銘柄で資産の50%を占めているので、上位銘柄には、割と多めの資金を入れています。詳しくはポートフォリオの現状で書いています。)
picul.hatenablog.jp


資産を減らすのが嫌なのは、貧乏の恐ろしさを知っているからです。貧乏であれば病院に行くのを我慢しないと行けませんし、自動販売機でジュースを買うこともできません。私が中学3年のころに両親は離婚しており、私はそれ以降母子家庭で育っています。母は食堂で働いていましたが、やはり生活は楽ではありませんでした。ですが、必死のぱっちで育ててくれました。


亡き父はヤクザで成功していたので、金持ちでしたが我が家にあまりお金を入れていませんでした。それでも、亡き父と私との関係は良好でした。小学校も中学校も一切学費は出してくれなかったのですが、愛情だけは注がれていたのが幸いです。よく動物園に連れていってくれたり、大きくなってからは釣りに連れていってもらったりしていたので、両親の喧嘩は抜きにすると、良い思い出ばかりです。
picul.hatenablog.jp


もちろんこの世には、お金では手に入らない幸せがたくさんあります。


しかし、人間社会で生きていくかぎり、お金が原因で諦めないといけないことがたくさんあります。一度きりの人生。それはもったいないです。


さらに、お金は日常生活をちょっとした幸せで満たしてくれます。お金があれば、スーパーで晩御飯の材料を選ぶ幸せがあります。お金があれば、動物園に行けます。お金があれば銭湯に行けます。


「今この瞬間が幸せということを分かっていれば、一攫千金を狙う必要はないのです。今を大切にしたいから、安全運転でいたいのです。もちろん、一文なしになっても、幸せならいいですが、家族はそれでよくありませんし、私自身も資産が減ればメンタルが揺さぶられて、不機嫌になるかもしれません。それは本末転倒です。幸せを維持させるために資産運用をしているのに、資産運用で日々の幸せが左右されたくないのです。


これからも、「今この瞬間」を大切にできるように、安全運転で投資を続けます。もちろん、攻撃的に攻めていくスタイルもそれはそれで人生なので否定しません。

picul.hatenablog.jp