資産防衛の日々

投資歴17年:独自のルールに基づき割安成長株に中長期投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。宝塚ファン。

物を一つ買えば、家にある物を一つ捨てる:picul Lifehack 投資家のライフハック

f:id:picul:20200908233515j:plain
物というのは自然に増えていきます。しかし、家にある物を全て活用しているかといえば、そんなことはありません。ということは、知らぬ間に無駄遣いしていることになります。そんな無駄使いをしていると、感謝の気持ちが薄れていきますし「幸せの閾値」が上がってしまいます。それを避けるために、私は買い物するときの特殊なルールがあります。それは、「物を一つ買うたびに、家にある物を一つ捨てる」というルールです。
picul.hatenablog.jp


買う時にはすでに、何を捨てようか考えながら買うのです。そうすることで、本当に必要な物しか買わなくなりますし、すでに家にある物で代替できるか考えることにもなります。代替できる物がなくても何か捨てます。必ず、使ってない物があるからです。その結果、無秩序に物が増えることを防げるので、家が広々として快適です。家で探し物をすることもありませんし、お気に入りの物だけに囲まれる生活をすることができます。私はお気に入りの物だけに囲まれていたいのです。


以前にも書きましたが、物を捨てると不思議なことが起こります。物を無秩序に買わなくなるのです。ゴミにしてしてまう恐れがある物を最初から買わないのです。そのため無駄遣いが減ります。よって、お金が増えるのです。1円の節約は1円の儲けです。これはどんなに資産が増えても忘れてはいけない法則です。


物を買うということはお金と交換するということです。お金は日々、会社の従業員が働いてくれるおかげで手に入る大切なものです。もちろん、私もリスクを背負って資金を投入しています。決して粗末に扱うことはできません。粗末に扱うということは、従業員の命を粗末に使うことと同じです。もちろん、お金を使わないことが美徳とは、一切思っていません。お金は使ってこそ価値があります。価値があると思うものには、個人の価値観を大切にして、いくらでも使ったらいいと思います。私が言いたいのは、金額のことではありません、雑にお金を使うことが破滅への道なのです。

picul.hatenablog.jp
picul.hatenablog.jp



【編集後記】帝国データバンクによると、新型コロナウイルス関連倒産が2月からの累計で500件に上ったようです。予想通り、飲食店やホテルが客離れで資金繰りに行き詰まるケースが目立っています。依然として、何かあるたびにテレビが煽っています。外出や旅行を控える動きが続いてるので、これからも倒産は続くでしょう。今回に限っては、テレビによるエビデンスのない煽りは禁止にしてほしい。というのが私の本音です。