資産防衛の日々

投資歴17年:独自のルールに基づき割安成長株に中長期投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。宝塚ファン。

#2 アルヒ(7198)2020年3月期1Q決算メモ

アルヒ過去記事についてはこちら↓
2019年5月24日記事
picul.hatenablog.jp

融資実行件数9.5%増。大型連休の影響により稼働日が減少したが、新規借り入れ実行件数は増加。

通期に対する、税引前利益進捗率は31.2%の進捗。これは社内の1Q目標を上振れている。

通期見通しは変更なし。システム及び人的リソースに関する積極投資の費用増を織り込む。

スーパーフラット7は好発進

投資用マンションのローンは売上比率約1%

2019年6月末時点で全拠点数は153。今後の出店は、拠点の統廃合を勧めながら効率性を高める。

戦略的なCM投下や、メディア露出で認知度急上昇。持家検討者認知度28.5%。一般認知度19.6%。満足していない。1年後には持家対象者の50%に認知してもらう。

サービシング事業を三井住友海上火災保険から譲渡。債権回収のストックビジネス、顧客を手に入れることができた。

フラット35不正流用案件の状況については、業績への影響はなし。オペレーションミスによる、債権買い戻しは発生していない。