資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴15年くらい。 宝塚大好きです。

売買は丁寧に丁寧に。荒くなってると気付けば意図的に売買頻度を減らす。

株式投資は、売買の頻度が増えれば増えるほど、売買が荒くなることがあります。本来買うべきでないのに買ってしまったり、売るべきでないのに売ってしまったりするのです。荒くなればポジションも知らず知らず大きくなって、損益に一喜一憂してしまい感情優位の売買になります。損を取り返そうとしたり、負のスパイラルです。

売買が荒くなっている。
そんな自分に気付いたらどうすればいいのでしょうか。

簡単です。

意図的に売買の頻度を減らしてください。一つ一つの売買に魂を込めるのです。スピリチュアルな話ではなくて、一つ一つ真剣に考えるということです。丁寧に丁寧に。それをするだけで、心は穏やかになり、大局的に売買することができます。

念のため申し上げると、なんでもかんでも売買を減らせというわけではありません。売買が荒くなっていると感じれば、意図的に売買を減らすのです。一人お風呂に浸かって静かに考えれば、荒くなっているのか、そうでないのか気付くでしょう。


友人が働いてる病院の、患者さん向けコンサートに行ってきました。オペ着で演奏会。写真は控え室にて。
黒シャツが私です。