資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

長期投資だからといって、長期で保有しっぱなしとはかぎらないですよ

長期間で株を保有しないと長期投資にならないのでしょうか。


そんなことはありません。長期投資だからといって、必ずしも長期で株を持ち続ける必要はないんです。長期投資とは長期的視点を持った上で資金を投入することです。決して、"長期縛り"ということではありません。企業の状況や、事業環境が大きく変わることは珍しくありません。そんなときに最初に決めた長期縛りにこだわっていると、長期間ポートフォリオを低リターンで落ち着かせることになります。ですので、長期的視点を持った上で状況が変われば売買すればいいのです。株価は上げ過ぎたり、下げ過ぎたりすることもあります。上げ過ぎてあきらかに割高になれば売ればいいし、下げ過ぎた銘柄があって、ポートフォリオのバランスさえ崩れなければ、買え増しすればいいのです。私の場合、ピンポイントがわからないから、分割で売買するのです。


もちろん、売買する必要なければ、売買する必要はありません。ひたすら待てばいいでしょう。長期的視点から考えて、まだまだ業績が伸びると確信している人は、株をジッと保有し続けてテンバガーを手に入れます。



初めて、DDホールディングスのアロハテーブルに入ってランチ食べました。ドリンクバーがおしゃれでした。平日の15時くらいでしたが、満席で驚きました。