資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

不労所得万歳!!年始から家族揃ってインフルエンザ。

お正月からインフルエンザで苦しんでいました。妻→息子→piculという順番にインフルエンザにかかり全滅です。とくに1歳児のインフルエンザの看病は大変で、初めての発熱だったので焦りました。家での看病はDr.KIDさんのブログを参考に乗り切りました。いつも勉強になります。


さて、インフルエンザのおかげで今年の運の底が確定したので、あとは右肩上がりでしょう。2019年ワクワクします。去年末から素晴らしい銘柄群を安く仕込めてますし、収穫期を待つだけです。まだまだ利益確定はしません。配当金を貰いながら日々の生活を楽しみたいと思います。やはり、病気になると改めて株の素晴らしさに気付きます。寝てても所有している会社の従業員が働いてくれますし、会社のお客さんは私に間接的にお金を払ってくれます。「金持ちになれたければ寝てる間に稼げ」これは鉄則です。


しかし、私も当初からこんな余裕がある投資をしていたわけではありません。勤め人時代には鬼のような倹約をしていましたし、生活費は極限まで切り詰めて全て証券口座に入金していました。家にある、売れそうなものは片っ端から売って、それらは全て株に変わっていきました。「何が何でも勝つまで欲しがらへん。どないしてでもやったろうと思え。」と奮い立たせながら、株を買っていました。周りの人間は、車を買って、パーティして、友人の結婚式に出かけて、飲み会に出て、旅行に行って遊んでいました。彼らは楽しんでいたのでそれで良いのですが私は分かっていました。それらは、金と時間さえあれば、人の数十倍〜数百倍楽しめることを。だから、その時は我慢して必死で金を増やすことに命をかけました。


しかも、ただ金を増やすのではなくて、不労所得が欲しかったのです。どんなに収入が高くても、働かないと手に入らないのであればそれは貧乏だからです。働くのをやめた瞬間破滅です。会社の奴隷です。もちろん、その仕事が楽しくてしょうがないのであれば奴隷ではありません。そこで勤めるのがワクワクするのであれば幸せです。私は昔フィットネスクラブで働いていたことがありますが、毎日楽しかったです。その人のトレーニングメニュー考えたり、成果が出るのがワクワクしていました。帝国ホテルで働いていたときも楽しかったです。当時の給料は驚くほど低かったですが、毎日高級感あふれる空間に囲まれるのは私にとって心地がよかったです。病院はストレスでした。私は臨床工学技士でドクターの指示の元に動く必要がありましたが、私は指示を受けるのが嫌いです。わたしの能力を発揮できないと思いました。私はその時には既に成長しており、指示される側の人間には向いていなかったのです。効率が悪いことに苛立ちを感じるようになっていました。ですので、その仕事は奴隷のように働いていました。好きでもないことをするのは時間の無駄なので、言い訳をせずに必死でそこから抜け出しました。


多くの人は60歳以降引退をしますが、現役時代より貧乏です。(大抵は年金と僅かな預貯金しかありません)しかし、引退後の方が時間はたくさんあります。運が悪ければ100歳まで生きるでしょう。その場合、40年という時間がありますが、現役時代の40年より、引退後の方が長い40年になります。20歳から60歳までの40年は、多くの人は勤め人なので朝から晩まで会社に拘束されており、自由な時間がありません。休みがあってもなんらかの事情により、遊びに行けても月に数回でしょう。60歳以降は違います。引退すれば24時間自由時間です。金と生き甲斐がなければ悲惨です。ですので、本来引退後の方が金がいるのですが、多くの人は引退後豊かになるプランを練ろうとしません。現役時代のみにフォーカスしてしまうから、引退後苦しんでしまうのです。現役時代を楽しみつつ引退後の生活もプランニングする。そうすることで悲惨な老後を避けることができます。


私は、すでに不労所得(株の配当金、REITの分配金、現物不動産、ビジネス)で生活しています。ですので、家族や友人と過ごすこともできますし、投資仲間と交流することもできます。新たなビジネスに関わることもできますし、旅を通して冒険することもできます。それらは全て自由です。つまり、不労所得があれば自分の頭の中の欲求を自由に満たすことができるのです。不労所得万歳!!