資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

長期で保有したい銘柄がたくさんあるので、少しづつタネをまいていきます。

みなさん、こんにちは。相変わらず乱高下相場が続いており、疲れている方もいるのではないでしょうか。私は今年の2月以降臨機応変にポジションを変動させることを意識していました。そのため、この乱高下相場にしては上手く立ち回れている方だと思います。分割売買や、利益損失相殺など色々なやり方で立ち回ってきました。

 

しかし、今後は臨機応変というより、幅広く種まきをしていきたいと考えています。いわゆる長期投資の再始動です。なぜなら、今まで買えなかったような優良銘柄も下落し始めているからです。この数年機関投資家が買いまくっていたので、不当に割高に評価されていましたが、ようやくまともな水準に落ちてきました。もちろん、まだまだ割高な銘柄もあるので、選別は必要ですが虎視眈々と優れた事業を集めていきたいと思います。こういう時は所有したい事業を素直に買っていくことに専念していきます。まだ焼け野原ではありませんので、全力は無理ですが。

 

もちろん、一気に買うことなどありえません。千載一遇のチャンスは予告なしに急に訪れるからです。どんな時も一定の現金は残しておきます。私の場合、通常は約20%の現金比率です。これは固定ではなく、10〜80%まで変動することがあります。利益確定をすればするほど、自然と現金は積み上がり、欲しい会社がなければそれは維持されます。欲しい会社があればそれは自然と下がっていきます。直近は非常に高い現金比率の状況が続いてましたが、長期で欲しい事業が増えてきたので、これからは自然と下がっていくでしょう。

 

よく現金比率の話題が議論になりますが、あんなものは議論するものではありません。滑稽です。各々のやり方で稼げばいいのです。ちなみに、私の尊敬しているバフェット氏は絶妙なタイミングで現金比率を上げていくので、やはりこの部分はいつも勉強しています。千載一遇のチャンスで大量に金を注入することができるからこそ、他者がボロ負けしているときに勝てます。フルポジションで常に勝ちまくっている人も多数いるのは知っています。それはそれでいいでしょう。私の友人にもフルポジションの投資家はたくさんいます。しかし、今のところ世界一の投資家は現金というポジションも大切にしているようです。そもそも、現金(通貨)というのもポジションの一つということを忘れてはいけません。

 

話がそれたので戻すと、私はこれから種まきをしていきます。欲しい銘柄の考え方としては、中長期投資マニュアルに書いてある通りですが、種まきは長期でするつもりなので、株価変動よりも、事業が成長していくか、会社の価格が妥当かで決めます。どんなに素晴らしい会社でも適正な価格で買わなければ長期間泣くことになるからです。基本的には会社を丸ごと買うような考え方です。従業員に働いてもらって、最後に余った利益をなんらかの形でいただきます。ちなみに、長期投資に関しては、株価変動は気にしません。事業が成長していくかどうかが重要です。何度も申し上げますが、今は焼け野原ではありません。野も山も皆総弱気になることを祈ります。

 

もちろん、平行して、今まで通り臨機応変な中長期投資も続けます。短い時間軸にもチャンスが転がっているからです。どちらも貪欲にとっていきます。