資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

直近の投資日記、旅行、リフォーム、地震

ブログの更新が止まっていました。旅行やら、家のリフォームや部屋コーディネートで忙しかったり、普通にブログの存在を忘れてました。楽しみにしてくださっている方もいるので、また少しづつ更新していきます。いつもご愛読ありがとうございます。


さて、投資の方はというと、昨日は大阪で大きな地震がありましたが、相場ではそれほど大きな影響はでていません。

今年の投資パフォーマンスは意外と好調で、銘柄入れ替えや分割利益確定&買い戻しが上手くワークしてます。あと、常に少数精鋭の20銘柄以内のポートフォリオで、臨機応変&機械的に玉操作してます。現在のキャッシュ比率は35%です。

直近では、アイドマ、プレミアグループ、翻訳センター、ピクスタ、データアプリ、ベネフィットジャパン、日本モーゲージ、MSコンサル、ギガプライズ、ビーグリー、TDC、ピックルスなどが活躍しました。

ダイオーズ、パラカ、日本社宅、日本管理センター、毎日コムネット、西本Wis、アバント、短期的な株価は冴えませんが、長期で保有している株主は株価上昇の恩恵を受けているビジネスです。

パルグループ、あさひ、ピーバンも良いビジネスですが、ピーバンに関してはもう少しビジネスの拡大を待ちたい。

一方、エリアリンク、ハウスドゥは軟調推移ですが、年初来では大幅にプラス。エリアリンク は数ヶ月前にブログで書いた通り、4,000円以上で分割利食いしてからは何もしてません。

銘柄入れ替えの過程で、サンセイランディック、朝日印刷、白鳩は損切り。サンセイランディックと朝日印刷は損切りでも問題ありませんが、白鳩は痛いです。なぜなら、買い戻しのタイミングをあきらかに間違えたからです。今後に活かします。


どんなに素晴らしい銘柄でも、買う値段と売る値段次第で投資パフォーマンスは大きく変わります。当たり前の事を常に意識して投資をしています。ということで、引き続き、市場の歪みを利用して投資に励んでいきたいと思います。ちなみに、私は市場の予想はしませんし、できる能力がありません。良い株を安く買うだけです。


推奨銘柄ではありません。当ブログは推奨銘柄を一切提供しません。