資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【激動の相場】月曜日に動いたおかげで、火曜日のバーゲンセールを楽しめた!でも現金はまだまだあります。

激動の相場ですね。今週は久しぶりにパンチのある暴落があって、驚いた方も多いのではないでしょうか。先週末にダウが急落していたので、含み益を引っ張っていた銘柄を月曜日に利益確定しました。


月曜日は意外にも市場が平穏だったので驚きましたが、週末あれだけ荒れたから相場はNY次第だと思っていました。ですので平穏の中、月曜は予定通り利益確定しました。もちろん、長期保有銘柄と恩株は何もいじっていません。長期保有銘柄は長期の見通しが崩れない限り保有し続けます。利益確定したのは中長期保有銘柄です。
※先週まで長期保有銘柄と恩株は資産の約40%を占めていました。

picul.hatenablog.jp



翌日の火曜日は案の定パニック売りが訪れました。
相場はどうなるかわからなかったので、かなり安い価格で指値を入れていたのですが、上手いこと刺さっていきました。前日の利益確定で手当てしたお金を使ったので結果的にかなり効率的な買付ができました。


新たに買い付けた銘柄は、どれも長期保有目的の銘柄なので、資産に占める長期保有銘柄(恩株を含める)が40%⇒50%に増加しました。


日経平均は数ヶ月前に戻っただけですが、個別銘柄にいたってはここ1〜2年で見てもかなり安い水準の株があったので、新たに色々買うことができました。例えば、安江工務店1439は状況が良いにも関わらず最安値近辺まで落ちていました。
良い状況⇓
・2017年12月期の上方修正を2月1日にしたばかり。
・2018年12月期予想は良い数値を出すのが分かりきっていた。⇒2017年12月期数値は「一時的な落ち込み」と2018年12月期は問題ない。とIRが公言していたので、2018年12月期数値は増収増益がほぼ確定しており会社四季報の数値を上回ることが予想できた。
・ハウスドゥが株を買いまくっていた。
などなど面白い状況でしたが、パニック売りでバーゲンセールになっていました。


色々、買ったわけですが、もともとあった温存していた現金を使ったわけではなくて、月曜日に利益確定した現金を使いました。温存している現金を全部吐き出すまでの暴落ではありませんでした。ですので、現金比率は結局ほとんど変わっておらず、まだ現金がたんまりある状況です。ボラティリティが非常に激しいので、変化が激しいですがおおよそ25%の現金比率となっております。資産は先月始めころの規模まで戻ってしまいましたが(年初来3%)、長期保有銘柄を増やせて満足しています。一時は年初来11~12%増だったので、めっちゃ減った感覚はあります笑


かなりアバウトにポートフォリオを説明すると
長期保有銘柄(資産構成10%の恩株含む)50%
中長期保有銘柄25%
現金25%
こんな感じです。


いずれは長期保有銘柄70%、中長期保有銘柄10%、現金20%の構成にしていくつもりです。
picul.hatenablog.jp



■追記
たまには届いた株主優待の紹介します。少ししか保有していませんが、ニイタカから洗剤が届きました。地味な事業内容ですが、会社の人が温かく同じ大阪なので永久に応援したいと思います。