資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【現金は大切に】常にバットを振り続ける必要はない。絶好のチャンス球だけ打てばいい。

キャッシュ(現金)が余ってくるとすぐに株を買いたくなるのが株式投資家です。なにか動いていないと、不安になったり、自分だけ取り残されているような気持ちになるのです。


でも、そこで焦って現金を使ってはいけません。グッとこらえて、自分にとって本当に有利な取引だけするようにしてください。投資家は儲かっている時は心にスキができる傾向があります。普段なら慎重に考えるはずなのに、簡単に買い注文を入れてしまうことがあるのです。これは人間だから仕方ありません。儲かれば調子に乗るのが普通です。


しかし、出来る限りその心のスキを作らないのが思慮深い投資家なのです。意識的に自分を自制するしかないのです。常にバットを振り続ける必要なんてないのです。自分にとって絶好のチャンス球だけ打ちましょう。



もちろん、投資家それぞれ有利な取引は異なります。自分にとって有利な取引だと思えば、迷わず現金を使う瞬発力も大切です。

よくあるのが、
「この株は絶対上がると思ったんだよな〜!!」
「あの株が有望なのは知っていた!!」

なんてことを言ってしまうことです。これは全く意味がありません。いくら自分が先見の明を持っていたからといっても、行動していなかったら投資家としては何の意味もありません。有利な取引を見つければ、果敢に攻める勇気が求められます。



有利な取引を見つけれないときは、保有している銘柄を注視するのです。必要であれば分割利益確定をすればいいし、必要であれば全売却すればいいでしょう。何もする必要がなければそのまま保有し続ければいいのです。当たり前のことを言っていますが、この当たり前のことを愚直にすることが大切なのです。


そして、有利な取引を見つけるまでひたすら銘柄研究すればよいでしょう。それまで、余剰キャッシュ(現金)は温存して、ここぞというときに使ってください。