資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【10月号*①】ダイヤモンドZAiに掲載されている記事を適当に選んでコメントします。

皆さん、こんにちは!!


またまた、新コーナー始めました!!
前回作った新コーナーはこれでしたね。
picul.hatenablog.jp


今回、新たに作ったコーナーは
「ダイヤモンドZAiに掲載されている記事を適当に選んでコメントします。」


ということで、今回は適当に記事を選んでコメントしていきます。ただ、ダイヤモンドZAiの雑誌を購読していないので、dマガジンに掲載されているページからの抜粋となります。


❑注意点
・私の考えを押し付けるものではなく、単なるコメントです。


それでは早速始めます。


P23「世界分散投資のファンドマネージャーが語る!」
〜ダン・シャビーさんの記事の中で〜


-投資で成功するために大切なることは何ですか。
という質問に対して、ダン・シャビーさんは
→分散投資をすることです。投資先が特定の資産だけに偏っていると、それが下落した時に損失が大きくなります。
と語っています。


これを読んで混乱する投資ビギナーの方もいるのではないでしょうか。投資の世界を見渡してみると、ある人は集中投資を推奨して、またある人は分散投資を推奨しています。またどちらの投資方法でも成功している人はいます。


例えば、ウォーレン・バフェットさんは集中投資で成功していることで有名です。ピーターリンチさんは分散投資で成功しています。(個人へのアドバイスは5〜10銘柄へと絞ることを推奨しています)


ということで、どちらに優位性があるということではありません。


どちらにもメリットとデメリットがあり、成功することができるということです。どちらを選ぶかは自分の好き嫌いで選ぶとよいでしょう。


例えば、集中投資のデメリットはなんと言っても「資産の変動」です。1銘柄へのウェイトが大きくなるので、その株価変動だけで資産が大きく変動します。さらに予期せぬ出来事により、株価が暴落するかもしれません。それが苦痛に感じる場合、集中投資はやめておいたほうがよいでしょう。1億円運用していて、1銘柄に集中投資しているとします。この場合、1銘柄の株価が5%下落するだけで、500万円の下落です。ということは、資産が9,500万円になります。こういう大きな金額の変動に耐えれないという方は分散をオススメします。なぜなら、その株価変動でマインドが揺さぶられてるなら、合理的な判断ができないからです。ここでは、1銘柄に集中している例を書きましたが、1億円を運用していて3銘柄に分散していても、やはり集中投資と言えるでしょう。


最大のメリットのポイントは、「儲かるときが大きい」です。集中投資している分、1銘柄上昇するだけでとてつもなく資産に大きな影響があります。絶対的な自信度がある場合はやはり分散より集中の方が効率的です。


とにかく、自分の心とリスク許容度、投資スタイルなどから複合的に判断することが大切です。


私ですか?


私は主力銘柄5〜10に分散しています。(もちろん、この範囲からはみ出すこともあります)いわゆる少数銘柄への分散投資です。それで、資産の半分以上を占めており、他は現金と恩株で資産を構成しています。


主力銘柄が攻撃資産であり、現金と恩株が防御資産です。


今回のコメントはこの記事だけですが、不定期で続けていきますね!!