資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【質問コーナー】成長性を加味して、PER20倍や30倍で買付することはあるのか。

皆さん、こんにちは‼︎
本日の大阪は涼しくて過ごしやすいです。ファミリーマートでコメダのアイスコーヒーが売っていたので思わず衝動買いしました‼︎


本日は【質問コーナー】の回答を書きます。
私の投資手法や中長期投資マニュアルについて、質問を受け付けております。Twitterのダイレクトメッセージでお気軽にどうぞ。個別銘柄や決算分析についてはお答えできません。(ブログ書く前に質問掲載していいか確認しますのでご安心ください)


❑質問(質問部分のみをコピーしております)
著書を読んで最近忘れていたものを取り戻せた感じを持ちました。主にPERが10倍前後で買い付けられ、15倍から20倍までで分割で売却されるとのことですね。質問ですが、成長性を加味して、PER20倍や30倍買付される(高いところで買ってより高く売る)ことはないのでしょうか?また、される場合、PERの許容範囲はどう判断されますか?わたしはPERとROEを比較しPERが低ければ買ったりします。


❑回答(メッセージの返信内容に加筆修正をしております)
PERについてお答えしますね。
その前に一点申し上げておくと、私は中長期投資マニュアルの中で偉そうに色々述べていますが、私の投資手法や考え方を押し付けるものではありません。他の投資手法で大成功されてる方もたくさんいることを承知の上で書いております。あくまで私の投資手法や考え方をを共有しているだけです。その上で、「これは役立つな」とか「この考え方だけ取り入れよう」など、柔軟に中長期投資マニュアルを使っていただければと思います。


さて、PERについてですが、基本形はPER14倍未満で購入して、PER15倍、もしくはPER20倍を超えてから分割利益確定するようにしております。会社の成長率が高ければ 売却するPERを高めに設定します。しかし、それはあくまで基本形となっております。


あまりにもビジネスモデルが素晴らしくて高成長が担保されている場合はPEGレシオも考えて、買付のPERを20倍くらいまでは許容しています。そして、その場合の売却ですが、素晴らしいビジネスモデルと業績を兼ね備えている場合は、基本売らずに決算の状況がよい限り持ち続けます。(相場の雰囲気が悪くなれば分割利益確定もします。)PER20倍以上で株を買うことは、私のマインドを揺さぶるのでPEGレシオで問題なくても、買わないようにしております。


中長期投資マニュアルでは基本形のみを記述していますが、そこにはわけがあります。数々の修羅場をくぐってきた投資家は、たくさんの相場経験を踏まれているので、色々な株価変動に臨機応変に対応することができると思います。しかし、投資ビギナーはロスカットや見通しが変わった場合の撤退を非常に難しく感じるでしょう。その場合、高PERで株を買って、実際に業績が高PERに耐えうる内容を発表できなかった場合、高PERが普通PERもしくは低PERに修正される過程でかなりの株価下落があります。そのときに、投資経験豊富な方は対処できますが、投資ビギナーは対応するのが困難です。ということで、中長期投資マニュアルでは安全も考えて基本形のみを記述しております。そのため、相場経験豊富な方が読まれると、少し物足りなさも感じるかもしれません。その場合はTwitterのダイレクトメッセージで質問していただければと思います。