資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【重要】中長期投資と長期投資。複数の口座に分けて運用します。

「中長期投資」は5項目をベースに臨機応変にポジションを変動させていき、数ヶ月から1年、場合によっては年単位で保有株と付き合っていく手法です。中期で保有することもあれば、状況によって長期で保有することにもなります。ですので、「(中)(長)期投資」なのです。(もちろん、上記は一般に定義付けられているわけではなく、これはあくまで私の考え方です。)


私は中長期投資がメインですが、長期投資も行っています。
中長期投資では状況に応じて、売却をしたり買い戻したりしますが
長期投資では都度売却はせずに、会社の状況が良いかぎり末永く保有し続ける戦略です。投資する段階で「長期投資」と決めて資金投入しているのです。


素晴らしいビジネスモデルの場合、
一度売却してしまうと、二度と買い戻しのチャンスがこないことがあります。
そのような会社は、中長期投資ではなくて長期投資します。

そして、会社の状況が変わらないかぎり、売買しないでとことん保有し続けるのです。そうすれば5倍、10倍銘柄と付き合うこともできます。もちろん、その銘柄に対する考え方が変わった場合は売却します。


そして、大事なことがあります。
それは複数の口座に分けて運用するということです。
例えば、楽天証券を中長期投資の口座にすれば、
SBI証券を長期投資や恩株の口座にします。
これはあくまで例ですが、とにかく口座を別にすることで
間違って売却してしまったり、長期投資に短期的思考が入り込まないようにします。


❑中長期投資に関してはコチラの書籍で説明しています。