資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【株式投資】安く買って高く売る。高く買ってもっと高く売る。

みなさん、こんにちは!

暑いですね〜‼︎

大阪は日差しがきつくて、日中外出てるだけで疲れます。今はサンマルクカフェでブログ書いてます。

f:id:picul:20170728153808j:image

 

相場を見てみると、 日経平均株価20,000円を挟んで高値波乱の様相です。

中小型株もよく動いており、直近の上昇相場から考えると一服感があります。

いずれにせよ自分のルールに忠実でありたいです。

 

ルールといえば、わたしの株式投資は

「安く買って高く売る」が基本です。

ファンダメンタルズが良好なのに、誰にも見向きもされない時に株を買うのです。

つまりこれは5項目を満たした株で、その中からもっとも優秀な株を選びます。(5項目についてはKindleの中長期投資マニュアルを参照してください。)

 

そういう株はやや忍耐が必要ですが、

待つことができれば大相場を享受できます。

例えば、テクマトリックスやコムチュアは数年前誰にも見向きもされせんでした。

しかし、いざ人気が出てくると皆んなが寄ってたかって株を買ってきます。

安く買っている投資家は、そういう高値で人気が出れば出るほど、高値プレーヤーに株を譲ります。(市場で株を売るという意味)

 

ここで高値プレーヤーと書いていますが

ここで参入してくる投資家も高度な技能を持っています。

高値で買ってもっと高値で売るのですから、厳格なルールに則り売買をしているのです。

 

「安く買って高く売る」

「高く買ってもっと高く売る」

 

どちらが正解とかではなく、

取引手法やスタンスが違うだけです。

 

自分の性格にあった手法やスタンスを身につけることをオススメします。