資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【脳科学】株式投資をする上で目標立ててますか?立てると投資パフォーマンス向上しますよ。

f:id:picul:20170526144513j:image

株式投資は漠然と続けているだけでは

「やる気」が低下していきます。

これは脳科学から言って事実です。

 

結論から言うと、目標を立てることが大切です。

しかも、「小さな目標」をたくさん立てることが大切です。

「大きな目標」だけではダメです。

 

もちろん、

資産1億円目指すとか、資産3億円目指すとか

こういう「大きな目標」を立てることも大切です。

しかし、その「大きな目標」を達成する過程で

「小さな目標」を立てておくことで、目標達成と成功体験を積み重ねることができます。

こうすると脳みそで「ドーパミン」がでて「やる気」がでます。

 

大きな目標だけだと、

それを達成するまでモチベーションを維持するのが大変です。

脳みそは「やる気」の状態で、パフォーマンスが劇的に変わります。

つまり投資パフォーマンスも劇的に変わってくるのです。

 

「やる気」がなければ、投資パフォーマンスは向上しません。

「やる気」があれば、投資パフォーマンスは向上します。

 

なぜなら、やる気があるので、投資の見直しや研究がはかどるからです。

であれば、意図的にやる気を出せばいいのです。

やる気を出すのは簡単。

「ドーパミン」を出せばいいのです。

 

つまり、この場合であれば、小さな目標と達成。

そして、達成するたびに、自分に小さなご褒美。

報酬を与えられたことで、「ドーパミン」がでます。

また新たな小さな目標を立てて、それの達成を目指します。

これの繰り返しです。

あと、目標を達成したときのイメージを想像することも大切です。

それが達成したら、自分はどうなっているのか。

どういう気持ちなのか、ありありと想像してください。

 

例えば、資産3億円という大きな目標を立てたとしましょう。

現在の資産を100万円と仮定します。

最初の小さな目標を300万円に設定しました。

それを達成するために、ありとあらゆる工夫をし始めます。

最初は、給料からの入金効果が大きいでしょう。

でもそれでいいんです。

口座の残高が増えてきたらワクワクします。

300万円達成したら、自分にご褒美をあげてください。

例えば、「おしゃれなレストランでランチをする」

これで脳みそに報酬を与えることができます。

次の目標を500万円に設定します。

また、その目標達成に向けてワクワクします。

 

このように”今”この瞬間を大切にしてください。

そうすれば、常にワクワクした最高の状態で投資を続けることができます。