資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【決算Good】エリアリンク(8914)が順調に決算を通過。

週末金曜日、エリアリンク(8914)が
第一四半期決算を発表しました。

経常利益の上期に対する進捗率は68.8%で順調。
5年平均は43.0%。
同社の肝である。ストレージ運用の売上高も前期比15.4%増。

ちなみに、エリアリンクは今期から
ほぼストレージ事業がメインとなります。
つまり、安定収益であるストックビジネスです。
そのため、第一四半期の売上がそのまま次の期に乗っかります。

さらに、
営業努力によって契約先を増やし続けることで、
ストック部分の売上が増え続けます。
積み上げの商売だからです。

中期経営計画は
2025年の売上高658億円、営業利益104億円です。
中期経営計画の実現に着実に近づいていることがわかりました。
中期経営計画の数値には「ストレージ運用」「ストレージ流動化」での積み上げで達成させます。
そのため、REIT組成が実現したり、現在展開している受託ビジネスが発展すれば、上振れが期待できます。

先日、私は保有銘柄を極力書かないと申し上げました。
しかし、同社の保有については、数ヶ月前に書いてます。
ですので、保有方針について言及しておきたいと思います。

私が株に投資するときは5項目に従います。
そして、分割利益確定をしていきます。
しかし、エリアリンクに関しては長期保有を決めています。
そのため、分割利益確定はしません。
取得単価は1,280円です。

短期的な数十%程度の株価変動は誤差と考えてます。
数年レベルで保有を決めています。
もちろん、事業環境と同社の内容に変化がないかぎりですが・・・
これは決算を見て、毎日普通に暮らしていれば、世の中の流れを理解できます。

同じように、パラカ(4809)も長期保有に移行しています。
同社は800円台から付き合いがあります。
慢性的なコインパーキング不足のおかげで、
私が1年間眠り姫になっても、安心して保有することができます。
picul.hatenablog.jp