資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【決算発表】ピックルスコーポレーション(2925)はキムチとか惣菜

みなさん、お疲れ様です。
本日はやっと、東芝が決算を発表しました。
2度も延期していた2016年4~12月期連結決算です。


最終損益は5325億円の赤字でした。
5項目に注目する私からすると、全く投資対象になりません。
ですので、関係ないのですが勉強のために決算内容を見てみます。
ちなみに、自己資本は昨年末時点で2256億円のマイナスでいわゆる債務超過です。
当然、今回の数値も信頼することはできませんし、不確定要素がたんまりあります。


さて、
本日、15時50分にピックルスコーポレーション(2925)の決算が発表されました。


2017年2月期通期は増収減益でした。
売上高358億100万円(18.7%増)
営業利益が7億8000万円(16.2%源)
1株益105.63円


これは、白菜や胡瓜の高騰によるものです。
スーパーに買い物に行っている人だったら実感していましたね。
しかし、これは永遠に続くことではありません。


よって、2018年2月期予想は増収増益の予想を発表しています。
売上高372億3200万円(4.0%増)
営業利益13億8100万円(77.0%増)
1株益164.95円


もちろん、2018年2月期数値も野菜価格にブレるということは、言うまでもありませんね。
個人的には、野菜価格が高くて、利益が減って株価が安くなっている時に買うのが面白いです。
野菜価格が通常になって、利益が増えて株価が高くなればなるほど分割利益確定です。
簡単なお仕事ですね。