読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

戦争危機で注目される防衛銘柄!【石川製作所、豊和工業、細谷火工、日本アビオニクス、東京計器】

日本の防衛銘柄を知っていますか?
知らない方は知っておくと便利なので覚えておきましょう。


日本の近くで地政学リスクが発生すると、防衛銘柄の株価は反応します。
具体的には、資金が集中して株価が上昇します。
しかし、基本的には投機目的で株が買われます。
地政学リスクが発生したからといって、実際に防衛銘柄が潤って業績が良くなるわけではないからです。
ですので、株価の値動きは激しく、乱高下するということを覚えておきましょう。


しかし近年、中国の積極的な海洋進出や、力による現状変更が目立つようになってきました。
そのため、日本の自衛隊の役割も大きくなってきたため、防衛予算を根本的に見直す時期にさしかかっています。
そのため、防衛銘柄もいつかは業績が安定する時代がくるかもしれません。
つまり、いずれは投機ではなく、投資目的で株を買える時代がくるかもしれないのです。


ここで防衛銘柄を勉強する理由が2つできました。
1つ目、地政学リスクで買われやすいので、投機目的や一時的な資産防衛目的で勉強しておく。
2つ目、長期的に注目される分野であるので、将来に備えて勉強しておく。


それでは、具体的な銘柄を共有しておきますね。
でも、たくさん列挙しても、覚えきれないですよね。
ですので、時価総額が低くて、注目されやすい銘柄を5つに絞って書いておきます。


石川製作所(6208)
→機雷
実際に戦争になれば非常に有効な装備です。
海に機雷をまいておけば、航行の自由を奪います。

豊和工業(6203)
→小銃、迫撃砲
日本で唯一の小銃メーカーです。
ハイテクが主流の戦争でも、小銃や迫撃砲や必要です。

細谷火工(4274)
→照明弾、発煙筒
夜間に敵を観測するために照明弾は有効です。

日本アビオニクス
→防衛用の指揮・統制システム
海上自衛隊主力艦艇のほとんどに、同社の情報表示装置が搭載されており、海を守っています。

東京計器
→艦艇用や戦闘機等搭載品
危険な周波数のみを瞬時に捉え、パイロットに警報を与える「レーダ警戒装置」
標なき海中を航行する潜水艦を安全・確実に導く「慣性航法装置」
最先端の技術で国を守っています。


※念のために申し上げておきますが、上記の株を買えということではありません。
当ブログは推奨銘柄の共有は一切しておりません。