資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

恩株の実例〜ウィルグループ(6089)

みなさん、こんばんは。
本日も、昨日に続いて恩株の実例を紹介したいと思います。

私は株式の売買を通じて、会社を所有したいと考えています。
そのため、中長期投資で分割利益確定を繰り返し、最後には恩株を残します。
これは最初に投じた資金は回収済みで、いわゆるコスト0の株のことです。

本日も恩株の実例を
1銘柄だけピックアップして紹介したいと思います。

ウィルグループ(6089)
同社は一般派遣⇒ハイブリッド派遣⇒業務請負
の黄金ビジネスを展開しています。
右にいくほどスイッチングコストが高くなるので、安定した収益源となります。
picul.hatenablog.jp

ビジネスモデル、業績、財務、計画の進捗率、バリュエーション
いわゆる5項目をクリアしたので投資に踏み切り、2016年12月に約580円で買付けました。

その後、上昇したため分割利益確定を繰り返して、現在は恩株のみの保有となっています。
つまり、コスト0の株ですので、今後株価がどうなろうとかまいません。
配当金をもらいながら、同社を応援するのみです。
直近株価が急騰しており、本日の株価は947円となっています。
とりあえず、最初に投じた資金は余裕で回収できているので、恩株は会社を所有する意味もこめて、このまま保有継続となります。