資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【パラカ(4809)は恩株】資金回収済みなので、これから長期で付き合いたいと思います。

私は株式の売買を通じて、会社を所有したいと考えています。
そのため、中長期投資で分割利益確定を繰り返し、最後には恩株を残します。
これは最初に投じた資金は回収済みで、いわゆるコスト0の株のことです。

本日は、恩株の実例を共有したいと思います。
たくさんあるので、本日は1銘柄だけピックアップして紹介したいと思います。

パラカ(4809)
同社はコインパーキングで順調に売上を拡大し続けている会社です。
第一回目の投資として、約840円で買付ました。
これは2014年11月でした。
picul.hatenablog.jp

2014年11月の約840円から
2015年9月の約1,760円に上昇する過程で分割利益確定&買い戻しを繰り返していました。
そのため、かなりの利益確定が積み上がっています。

2016年2月の暴落時に、全力で買い戻しました。
買い戻した時のブログです。
picul.hatenablog.jp
ちなみに、買い戻してからは、ほとんど売ってません。

買い戻したポジションは、利益確定でまかなえます。
そのためコスト0ということで、恩株にしています。
今後、パラカの株価がどうなろうと気にしません。
直近上昇していますが、あきらかに割高にならない限り売却は考えていません。
なぜなら、このポジションはコスト0だからです。

専業投資家ということもあり、こういうコスト0の恩株からの配当金はとても大事なインカムゲインなのです。
会社の状況が変わらない限り付き合います。
あきらかに割高になれば売却します。

ちなみに、恩株は少数の株だけ残す場合もあれば
パラカのように、たくさんのポジションを恩株として残す場合もあります。