読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

ミスターマーケットに翻弄されないことが大事。週末は「あべのハルカス」

日常ブログ ピックルの投資ルール

みなさん、おつかれさまです!

週末土曜日は「あべのハルカス」に行ってきました。
地元、大阪なのに一度も行ったことがなかったのでワクワク。
期待を裏切らない美しい眺めでした。
360度大阪を見渡すことができ優雅な気持ちでした。

近所だったら年間パスポート買って、読書ルームにしたろか思うくらいです。

天王寺動物園の入り口も綺麗に整備されており
お洒落なカフェでジンジャーエールをいただきました。

さて、相場を見てみると
反発しています。
いつものようにミスターマーケットが迷える子羊を翻弄しているのです。

ミスター・マーケットというのは、もともとベンジャミン・グレアムが創りあげた架空の人物です。
ベンジャミン・グレアムウォーレン・バフェットが師と仰ぐ人物です。

彼はこのミスター・マーケットという架空人物を登場させて、株式市場の気まぐれをわかりやすく説明しています。
株式市場は、情緒不安定なパートナー「ミスター・マーケット」みたいなものです。
情緒不安定ということは疑う余地がありません。
ミスター・マーケットは、毎日株を売り買いしてもらうために様々な値段を提示してきます。 ある時は、とんでもない高値をつけて、「この値段で買いませんか?売りませんか?」と聞いてきます。
次の日にはとんでもない安値をつけて同じように「この値段で買いませんか?売りませんか?」と聞いてきます。 何度断っても、懲りずに毎日違う値段を提示してくるのです。

ミスター・マーケットは、株式市場そのものです。
株を売買する人たちの気まぐれによって、株価は刻々と変化するのです。
その動きはまさに情緒不安定です。

株価の値動きをいちいち気にしていたら、自分の意思で投資しているのではなく、ミスターマーケットに翻弄されているだけです。