資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

棚卸しのエイジス(4659)が大幅高、メンテ屋さんの三機サービス(6044)が下落。権利落ち後から軟調推移

みなさん、おつかれさまでした。
今日は久しぶりに日経平均が気持よく下落しましたね。
やっぱりこれくらいボラティリティがないとですね。

本日の日経平均株価2.32%安の16,562円
騰落レシオ91.26
売買代金は2兆930億円

個別銘柄は棚卸しのエイジス(4659)が大きく上昇しました。
本日は4.05%高の4,365円。
先月はニュースの影響で乱高下していましたが、売り込まれたところで拾っていた投資家が成功した形になります。
分割利益確定は粛々と行っているでしょう。
分割利益確定をした後は、上がっても嬉しい、下がっても嬉しいということになります。
この辺はこの記事を見てください。
エイジス(4659)が大きく上昇。分割利益確定は慣れるまで時間を要します。 - 資産防衛の日々

エイジスの過去記事はコチラ⇓
picul.hatenablog.jp


そして、
メンテ屋さんの三機サービス(6044)は2.22%安の618円でした。
同社は5月決算の会社で高配当&株主優待権利落ち後、株価が軟調に推移しています。
株価は日足ベースでの調整の目安となる、75日移動平均線にタッチしたところで下ヒゲをつけています。

同社は空調メンテナンスとトータルメンテナンスでストックビジネスを展開しています。
売上高は一貫して右肩上がりを維持しており、それに伴い利益率も改善しています。
季節性のあるビジネスのため四半期決算を読むときには理解しておく必要があります。
理解しないまま、同社の決算短信をチェックするとヤラれます。

答えを書いておくと
第二四半期、第四四半期に利益が集中しやすいです。
とくに第四四半期に大きく集中します。
そのため第一四半期、第三四半期の数値は弱くなります。
こうなる理由は各自勉強するとよいでしょう。

ちなみに5月決算ということは、2016年5月期予想が今期予想の数値になっているわけですが、
あと1〜2ヶ月もすれば、2016年5月期の決算発表が行われ、2017年5月期予想が今期予想の数値になります。
ということはPERも大きく修正されるということを忘れてはいけません。