読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

ダイイチ(7643)は好調な月次を反映して上方修正

個別銘柄
ダイイチ(7643)は月次の好調が続いていました。
 
既存店の売り上げ前年比
10月105.0
11月101.4
12月102.1
1月105.0
2月104.7
3月101.2
上期計103.2
 
同社の通期、中間計画は既存店売上前年比100で組まれています。
そのため、同社の上方修正は確実だったわけです。
上方修正の内容としては
中間での売上高190億1000万円から192億3400万円
EPS63.56円から90.09円へと修正です。
 
通期での修正は出していません。
ということは下期で既存店がよほど悪化しないかぎりは当初の通期計画達成。
下期で既存店平均100であれば、上期の貯金がある分、通期計画の上方修正。
下期も既存店平均100を上回り続ければ、上期の貯金と合わせて通期計画を大幅に上方修正。
こんな風に考えることができます。
ちなみに4月の既存店売上前年比は102.6です。
 
株価は1,061円
PER7.68倍
予想ROE8.8%
 
業績推移はこんな感じ
 

f:id:picul:20160505195944j:plain

 

1株価値に沿ってなだらかに株価が上昇していることがわかります

 

f:id:picul:20160505200027j:plain