読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

PERを理解すれば株価が理解できる

ピックルの投資ルール
株価はどのように決まるのでしょか。
それは買いと売りのマッチによって決まります。
短期的には様々な思惑や要因によって左右されるでしょう。

しかし、中長期的には必ず業績に基づいた値動きに収斂します。
これは絶対的な法則です。

それではPERの計算式を思い出してみましょう。
PER=株価÷1株益
これを
株価=1株益×PER
に式を変えます。

ということは1株益とPERがわかれば株価がわかるということです。
PERは利益の何倍の価格で株が取引されているのかを表しています。
PER15倍なら利益の15倍で取引されているということです。

1株益が100円でPERが15倍くらいで評価されていい会社なら
株価=100円×15倍
株価は1,500円ということです。

ということは1株益が上昇するか、PERが上昇するような会社の株を狙えば
株価上昇の恩恵を享受できるということです。
数年後1株益150円
PERが15倍で評価されていれば
150円×15倍で株価は2,250円です。

さらに、成長性が市場に評価されてPER20倍くらいになれば
150円×20倍で3,000円です。

ようするに、1株益が上昇していくか
今後、PERが安定もしくは上昇していく会社を探せばいいだけです。
ということは、そもそも株を買う時点で低PERであった方が有利ということです。
もちろん高PERがさらに高PERになって株価が急騰することもあります。
それはそれでいいのです。
私は自分のストライクゾーンを大事にします。

あとは、投資スキルです。
安いときに買って高く売る。
しかも、細かく分割で。

これが私のやりかたです。