資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

中小型株の情報通信業はお宝満載だ!

知っている投資家は知っていますが、中小型株の情報通信業はお宝銘柄がよくあります。

業績や今後の展望が明るいにもかかわらず割安に放置されすいからです。

今後の展望が明るいので万年割安ではなくて、株価が急に吹き上がる瞬間があります。

そういったワクワクする情報通信業ですが、お宝を見抜く大事なポイントがあります。

それは

ストック収益を持っているかどうか

ということです。

売り切り型の製品やサービスではなくて、継続してお金がチャリんチャリんと入るビジネスです。

コインパーキングのように、一度仕組みができればお金が入金され続けるのです。

中長期で考えるなら、私の場合こういう会社を所有したいんです。

株を買うというより、会社を所有したいのかどうか考えます。

ストック収益ですが、

例えば、製品を売ることによる保守、運用や監視サービス

更新需要などは継続的な売上計上を見込めます。

お金がチャリんチャリんと鳴る音が聴こえてきます。

ということで、

狙っている会社のビジネスを見るとき、ストックビジネスが育っているのか注目しています。

そうしていれば、奇襲攻撃的な業績下方修正にも遭遇しにくくなります。