読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

新四季報を見て

四季報(2015年夏号)を見て

スイングトレード、中長期で、今すぐに投資してもいいかなと思える会社が

30社程度見つかりました。(30社の中には保有中の銘柄8社が含まれていました)

前号までは、割高だったのが、今号では割安もしくは適正になっている会社がチラホラあるんですね〜

ようするに前号では、バリュエーションのせいで興味が湧かなかったところが、今号ではストライクゾーンに入ってくる企業があるのです。

だから毎号チェックしてるわけです。

もちろんバリュエーションだけチェックしているわけではありません。

記者独自の記事で知らなかったトピックが発見できる可能性もあるんです。

そこから新たな成長ストーリーを描ける場合もあるから、毎号ワクワクします。

そして、前号に比べて、営業益予想が増額されているのかなどもチェックです。