資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

ファンダメンタルズの良い会社は強い

日経平均株価は20,000円を超えてどんどん高くなるのに

中小型株はさほど上昇しないといった印象が続いていました。

日経平均株価が20,000円を超えているのに、個人投資家の高揚感が高ぶっていないのはそのせいでしょう。

しかし、

ファンダメンタルズの良い会社は日経平均株価と同等か

それを遥かに上回る株価上昇しているところはたくさんあります。

良い会社はとことん買われる。

そんな状況は基本的にいつでも通用します。

(パニック相場では別ですが)

そのファンダメンタルズの良い会社ですが

最近、資金の入り方に勢いを感じます。

今まで、日経平均株価に採用されるような

でかい会社には資金がバンバン入っていましたが、中小型株にはそういうバンバンは少ない状況が続いていました。

この調子で勢いが続くのでしょうか。

それはわかりませんし、知る必要はありません。

ファンダメンタルズが良いかぎり持ち続けたらいいのです。

アウトなら手放します。

なにをもってファンダメンタルズが良いのか悪いのかは

投資家によって考え方が変わってきます。

私の場合は

5項目

ビジネスモデル

業績

財務

バリュエーション

四半期決算

それにテーマ性があれば鬼に金棒です。