読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

若者よ、「お金がたまってから」では遅い(澤上篤人)

日常ブログ

日経電子版のマネー欄で

若者よ、「お金がたまってから」では遅い(澤上篤人

の記事がありました。

これ大事です。

ようするに株式投資というのは時間が味方になるのです。

正しいスキルさえ持っていれば、複利の力でとんでもない資産を築くことができるのです。

「お金がたまってから株式投資を始めよう」と考えていては

いつまで経っても始めることができません。

株式投資にまとまったお金は必要ありません。

20万円ちょっとの円と、真面目な脳みそがあれば、すぐに始めることができます。

ただ、大事なことがあります。

株式投資は難しいです。

短期的に稼ぐことはそれほど難しくありませんが、様々な危機を難なく乗り越えて資産を増やし続けることが難しいのです。

正直言うと、普通の勤め人をするレベルの勉強では追いつきません。

僕は昔、臨床工学技士として丸4年間心臓カテーテル室で様々な医師に囲まれて働いていました。

彼らは毎日遅くまで働いて、命懸けで研究して勉強をしています。

ありえないくらい労働時間が長くて、ほぼ365日働いているようでした。

株式投資のスキルを身につける過程では

それくらいの気迫が必要だということは確実です。

ただ、株式投資の場合はスキルを身に付ければ

今度は自由な時間がどんどん増えていきます。