読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

投資アイディアを家族が理解できなければダメ

ピックルの投資ルール

僕は自分の投資アイディアを必ず妻に話します。

そしてどのようなビジネスモデルなのか、今後の展望などを話すのです。

そこで妻が理解できなければ投資アイディアとしてはアウトにしてます。

これはどういうことかというと

難しい内容をシンプルな言葉で伝えることが大切なのです。

決して賢そうに喋ってはいけません。

それが出来ないということは、その会社を理解していないことになります。

それかその会社の儲けの仕組みが複雑過ぎるのかもしれません。

理解していなければ投資をしてはいけないので、そこでスクリーニング、いわゆるふるい落とし作業もできます。

例えば、IOT、プラットフォーム、クラウド、リソース、ウェアラブル、サプライ

こういったカタカナを使っていては伝えることができません。

もっとシンプルに、その会社の儲けの仕組みと、なぜその会社にお金を払う人がいるのか説明できないといけません。

でも、どんなに勉強してもそれが理解できない場合があります。

その場合はそのビジネスが複雑過ぎるのでアウトです。

複雑なお金の流れではなくて、シンプルな金の流れが大切です。