読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

テクマトリックス(3762)はマイナンバー関連銘柄

テクマトリックス(3762)は3月の高値738円から

の調整を経て本日の株価は692円

 

同社はストックビジネスの戦略的拡大のために

一時的に業績が低迷していますが、今後の種まきの意味合いがあるためポジティブ

 

会社予想どおり決算を通過すれば

今期予想PERは約13.5倍

 

さて、テクマトリックスマイナンバー関連銘柄です。

 

マイナンバー制度とは、ようするに日本国民一人づつに番号が割り振られることです。

国民への認知度はかなり低いのが現状ですが、とても大きな変革です。

数年後には預金などにもマイナンバーを連携するとのことなので、国民の財産は全て完璧に把握されることになります。

 

マイナンバーの利用範囲は、社会保障と税、災害対策の3分野への適用に限定されていますが

今後民間利用が拡大されることは間違いありません。

 

特に医療は、医療費削減が必至となっています。

莫大な医療費を削減するためにもマイナンバーは期待されているのです。

ちなみにテクマトリックスクラウド型の医用画像システムの市場では

シェア68.5%を占めており医療への進出も積極的です。

 

あまり知られていないようですが

同社の由利孝社長は、新経済連盟マイナンバー民間利用促進PTのリーダーでもあります。

新経済連盟についてはこちら

http://jane.or.jp