読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

日経は下落~売りは複数回に分散させるのだ!!

日経平均株価は1.06%安の17,606円でした。

その他、ここ最近大きく上昇してきた個別銘柄も下落となりました。

コムチュア(3844)は1.73%安の2,044円

パラカ(4809)は2.65%安の1,030円

1,100円近辺の上値抵抗が意識されています。

テクマトリックス(3762)は1.46%安の606円

明日はQ3の決算発表ですので、ここから下落するのか上昇するのか決算内容次第でしょう。

ユニバーサル園芸社(6061)は1.2%安の3,720円

センコー(9069)は1.58%安の686円

まんだらけ(2652)は2.43%安の5,220円

3,500円から一気に上昇してきたわけですが、PERは8.86倍です。

まあ、これまで大幅上昇してきた銘柄ばかりなので健全な調整と言えるでしょう。

反面、ゲオ(2681)は大きく上昇しました。

始値は1,093円で一時1,175円まで大きく上昇しました。

出来高も急増し、終値は7.24%高の1,140円でした。

昨日の上方修正が好感された形となりました。

さて、中長期投資においても株を売るときはあります。

それについては考え方が投資家によって変わってくるので、僕の考えが正しいとか言うつもりはありません。

僕としては、株を売るときは複数回に分散させるようにします。

例えば、20%上昇したら、保有株数の2割を利益確定、2倍になったら残りの保有株数の半分を売って残りは恩株。

これは一例ですので、その株の成長率やテーマ性などによって売り方は違ってきます。

ようするに、どんなときでも”売り”は複数回に分散させるということです。

そうすることで、恩株はコスト0なので下落しても「そんなの関係ね〜」ですし、買値まで戻ったらまた買い増しのチャンスが訪れますし、増えたキャッシュで他の割安の株を買ったりすることもできます。