資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

日経は予想1株益の算出法を変更する

日経新聞によると、予想1株益の算出法を変更するとのことです。(ちょっと古いニュースですが)

以前は発行済株式数の全数をベースにしていたのですが、変更後は自社株を除くのです。

ということは日経会社情報に掲載されている銘柄の多くはPERが下がり見栄えがよくなります。(自社株をしている会社の1株益が修正されて表記されるから)

1株益の算出法を知らないで日経会社情報を見ていた人にとったら、いきなりPERが低くなる株もあるので驚くでしょう。

これは投資家にとって便利ですし、当然の流れです。

自社株を除くことで本来の1株益がわかるのです。

東洋経済会社四季報は自社株を除いた1株益を算出しているのでリアルのPERを求めることができます。

日経会社情報もこれと同じようになるのです。

僕は会社四季報をメインに使っていますが、日経会社情報も購入しています。

なぜなら記事に違いがでるからです。

どちらも精鋭の記者が書いているので毎号ワクワクしながら読んでいます。

誰でも簡単にたった60分で速読できる!