読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

雑誌や専門家、いわゆる他人の話を鵜呑みにするデメリット

最近は株が流行しているので、株についての情報がたくさん出回っています。

それらの情報はもちろん素晴らしい内容のものもあります。

10年前の情報に比べるとはるかに質が上がっているのがわかります。

でもそういう情報を鵜呑みにするとデメリットだらけです。

例えば雑誌の推奨銘柄。

素晴らしい根拠が書かれていて興味が湧き株を買ったとします。

その後株価が下落しました。

さあ、どうしましょう?

そうです。

ここで問題が生じるのです。

その株は持ち続けていいのか。

持ち続けたらダメなのか。

自分で判断して投資をしていないので思考できないのです。

下落した時、上昇した時、どのように考えればいいのかわからないということはバクチです。

株式投資をバクチと捉えていたらいつか破産します。

株式投資はビジネスです。

実際、株を所有することで間接的に従業員をたくさん抱えていることになります。

だからこそしっかりとした根拠のもとに投資を実行しなくてはならないのです。

雑誌の情報を鵜呑みにするのではなくて、参考程度にして根拠を調べるようにしましょう。

専門家の書いていることの根拠を調べて自分なりに考えるのです。

そうすれば雑誌も勉強の材料になります。

次第に雑誌に書かれている内容を見て

「これはアフォな考えやな。この考えはなかなか鋭い」

こんな風にわかるようになれば投資家として一人前です。

投資脳が鍛えられますよ。