読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

とにかくキャッシュ、キャッシュ、キャッシュ

僕はキャッシュ(現金)にこだわります。

キャッシュがあればん何でもできます。

どんなに強気の相場でも一定のキャッシュを保持しているから暴落でヤラレナイのです。

「スンバラシイ会社が激安になっている時に買いたいのに買えない」

バリュー投資を自称している多くのファンドマネージャーリーマンショックや欧州危機、震災の時にキャッシュ不足に苦しんでいました。

たいした下落でもないのに一定のキャッシュは崩してはならないのです。

千載一遇のチャンスの逃します。

何か欲しい株があったら、今のポートフォリオの株とオーディションにかけて、選抜メンバーに選ればれたら何かしらの保有株を売ってそのお金で買うのです。

僕はどんなにフルインベストでもキャッシュ比率20%以上を保つようにしています。

株が大きく上昇すれば売却してキャッシュ比率を戻すのです。

僕が非常事態用のキャッシュを使うときは、例えば今の日経平均株価が30~50%以上下落するようなときです。

それをしていたから様々な危機を乗り越えることができました。

もちろん、もっと上手い人はいくらでもいます。

フルインベストメントにする時はして、事態が急変したらオールキャッシュにする。

僕はそんな上手いことできないので、常にキャッシュ比率を維持することにしたのです。

どういう戦略にするのかは投資家によって様々です。

つまり正解もたくさんあります。

僕の正解はたまたまこういう戦略だったのです。