読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

僕の中長期投資に損切りはありません。買うか売るという概念だけです。

僕の中長期投資には損切りがありません。

一定の株価まで下落したから売るというのは全くバカげています。

売る時のルールは決まっています。

・買った時のストーリーが崩れたら売る

ポートフォリオの整理

・もっと良い銘柄を見つけたとき

その時に利益が出ていようが損していようが関係ありません。

シンプルに売るだけです。

もちろん短期トレードで仕事するときには損切りという概念が絶対に必要です。

損切りさえ上手くやっていれば自然に利益は積み上がっていく」といってもいいくらいです。

でも、僕の中長期投資の場合はビジネスを所有するという考え方です。

所有したいビジネスの株を買うのです。

その時にビジネスモデル、業績や財務、バリュエーションを見て投資すべきか判断するのです。よくわからないビジネスには投資しませんし、予測が難しいビジネスにも投資しません。

僕は鉄鋼や土木建設のことをあまり分かっていないので投資しません。

僕の得意分野は小売やサービス、ITや不動産です。

ようするに、投資を判断するときにどれだけ株で損をしたら撤退しようとか、そんなことは一切考えていません。会社そのものを見ているのです。

だから会社を見ていて、様子が変わってきたら売るだけです。

大事なことなので何度も言いますが、その時に利益がでていようが損が出ていようが関係ありません。

シンプルに売るだけです。