資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

雨ですが紀伊半島で温泉旅行中です

みなさん、お疲れ様です。
雨ですが紀伊半島で温泉旅行中です。
投資家の特権として好きな時に旅行できるというのがあります。ですので、シーズンオフの一番安くて、人もガラガラの時に旅行するようにしています。でも今回はそれが裏目に出ました。完全に雨とぶち当たったのです。まあ、今回はのんびり旅行するのが目的だったので、しっとりとした味のある田舎の雨を楽しみたいと思います。


我が息子も7ヶ月になりました。自宅から片道2時間の距離ですが、ベビーのこともありますし、病院や交通のインフラ、ベビーベッドなどが整っていないと旅行する気にはなりません。私の知らぬ間にできていたフィリピンの家族は劣悪な環境で子供を育てたので、国内であればどこに行こうがそこより安全ですが、投資家らしくテールリスクを避けたいと思います。


ちなみに今回は妻、母、祖母、息子、私、合計5人での旅行です。しばらくは近場の旅行になりそうです。

分割利益確定と長期保有

今日は大阪城エリアのパン屋さんを利用してみました。パンが美味しくて、テラス席が気持ち良かったです。おすすめです。


さて、株の話をします。


私が株式投資において大切にしていることは、「安く買って高く売る」ことです。信用売りはせずに、現物買いのみですので、安く買うことがとても大切になってきます。ちなみに、信用売りをしない理由は、私の場合、「買い」の方が儲かるからです。下落には限りがありますが、上昇する時は2倍、3倍になるからです。もちろん、下落する時は短期間で値幅とれるので効率が良いのですが、時間軸の短い投資は私の性格に合っていません。


話を戻すと、「安く買って高く売る」というのは簡単に言いますが、極めるまで難しいです。人それぞれやり方が違いますが、私の場合は、ざっくりと2パターンあります。


1.上昇することに分割で利益確定
2.長期的見通しが崩れないかぎり保有し続ける。⇒崩れたら売却


1.上昇することに分割で利益確定
ボラティリティが激しければ激しいほど、利益が積み上がります。ようするに、今年の相場のように、安くなったり高くなったりを繰り返すことで、何度も利益確定や買い戻しができるので、利益確定が積み上がります。ただし、欠点があります。それは大化け株を取り逃すことです。だいたい買値から2〜3倍くらいまでは玉が残っていますが、上昇することに分割で利益確定するため、かなりポジションが減っている状況です。そのため、そこからさらに上昇した場合、大きなリターンが見込めません。


2.長期的見通しが崩れないかぎり保有し続ける。⇒崩れたら売却
優れたビジネスを有する会社を一度売却すると、二度と安値で買い戻せないリスクがあります。そのため、優れた会社を安く手に入れることができれば、長期的見通しが崩れないかぎり保有し続ける方針をとります。しかし、株が割高になることもありますし、判断が間違っていることもあります。そのため、銘柄によってタイミングは異なりますが、一部分を利益確定させます。

例えば、10,000株保有している株があるとします。株価が2倍になって、ちょうど割高感が出てきたので2,000株売却しました。残りの8,000株は長期保有します。下がれば儲けもん。そのまま上昇を続ければ残りの8,000株があるので儲かる。上がっても下がっても喜べる状況です。こうやっておけば、なにか会社に大惨事が起こって暴落しても、最悪、取得単価と同値で撤退できれば勝ちです。一部分は利益確定しているからです。なにがあろうと勝ちに持っていくのが私のやり方です。

株価が2倍にならなくても、10〜20%上昇したところで、一部分を利益確定することもあります。どこまで上昇したら一部分を利益確定するかは、銘柄によって変えてます。いずれにせよ、最悪の状況を想定することで波乱相場を乗り切れます。

先日、エリアリンクの株価が4,000円を超えたところで、一部を利益確定したのはそういった理由です。もし、エリアリンクの株価が1,300〜1,500円くらいまで下がれば買い戻します。でも、そこまで下落する確率はかなり低いので、買い戻しは実現しないでしょう。そうすれば残りの玉で楽しみます。予測できないことが起こって暴落すれば一部を利益確定しているので勝ちです。つまり、現時点で何が起ころうと負けようがない投資案件です。
picul.hatenablog.jp

ぴょん吉とランチ。子供の話から株の話まで

今日はぴょん吉とランチでした。お互いの子供の話から、株の話まで色々しました。「USJ年パス買おう思てるけど、小さい子供でも楽しめるて書いてるから子供楽しめるかなあ?」と聞いたら、「小さ過ぎるわ!まだ0歳やろw」と突っ込まれました。たしかにw でも、私はディズニーやUSJの空間が大好きなので、パレードやカフェなどを家族で利用するために年パス買おうと思います。

株の話は、白鳩、ワイヤレスゲート、パルグループ、シェアリングテクノロジー、サンセイランディック、あさひ、などが話題になりました。話題になっただけで、「買ってる」という意味ではありませんよ。



北新地のランチコスパ最強です。上質な空間を1,000円くらいから楽しめます。

何でキャッシュ高めた方がいいと分かったんですか!?→分かるわけありません。

私は、よく人から「絶妙のタイミングでキャッシュポジを高めますね」と言われることがありますが、こんなのは予想してやっているわけではありません。


個別銘柄で株価が高くなればなるほど分割利益確定しますし、下落して買ってもよい水準であれば買うだけです。つまり、今日みたいな日は、買ってもよい水準の株だけ何も考えず積極的に買うだけです。指数は関係ありません。個別銘柄で見ます。ボラティリティが激しければ、分割利益確定と買い戻しを駆使するので、何も考えずに淡々と自分のやり方を貫きます。去年みたいに無条件で右肩上がりの相場であれば、分割利益確定と買い戻しのやり方はアホ扱いされますが、今年みたいにボラティリティが激しいと、さすがにボラは伴いますがわりと増やしていけます。直近、保有銘柄数を極端に減らしたのも今年の相場に対応した形です。機敏に動けるようにしています。


やはり、私はボラティリティが激しい方が、指数に比べてパフォーマンス良くなるようです。去年もさすがに指数には買ってますが、今年は今の調子だとボロ勝ちしそうです。


あと、どんなに自信のある銘柄でも取得単価から10〜20%くらい上昇すれば、そのポジションの1〜2割くらいは利食います。もし、20%上昇してから、また同じ値幅下げて買値まで戻るようなことがあれば、そもそもファンダ崩れてることがあるので残りのポジション手仕舞うこともあります。そうしても、分割で利食った分があるので勝ち逃げできます。ファンダ崩れてなければ、買値で利食っていた分を買い戻すだけです。予想はしません。淡々とルール通りに売買するだけです。もし、1〜2割利食ったあとに、株価が上昇を続けたら残りの8〜9割のポジションで上昇を楽しみます。


だからと言って、他のやり方を否定しているわけではありません。色々やり方があって、それぞれ得意のやり方を貫けばいいだけです。投資はたくさんの勝ち方があります。心地よいやり方を実践しましょう。

株価1,000円以下になれば欲しいコンヴァノ6574

私はIPOを必ずチェックするようにしています。IPO直後の大抵の株は割高ですが、しばらくすると(例えば半年〜1年くらい経つと)割安になることかあるからです。


コンヴァノ6574はネイルサロンで上場したての会社です。業績から考えると、今の株価では欲しくありません。しかし、ビジネスは非常に有望と考えています。ですので株価1,000円以下になれば買付を検討していきます。今日の株価が1,629円なので、少なくとも600〜700円くらいは下落を望みます。もちろん、実際に買うのは決算をクリアしていけばの話ですがね。


国内の多くのネイルサロンは、小規模の事業者ばかりで、サービスや技術力に安定感がありません。さらに圧倒的な勝ち組がいないので、容易に売上拡大を実現できます。コンヴァノのように全店舗一定のレベルでサービスを提供できるシステムは最強です。ネイルは5年後も当たり前のようにしているので、将来の見通しも楽勝です。


とにかく、株価が半値レベルになることを祈ります。