資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【市場の歪み】個人投資家のマインドが悪化。

個人投資家のマインドが悪化しています。


少し前までは、良好なファンダメンタルズにともなって、高値でも株を買う投資家がたくさんいました。しかし、お金が逆回転し始め、株が売られだすと、利益確定や損失確定の嵐です。「下がるから売る。売るから下がる。」こういう流れが出てきており、ファンダメンタルズも関係ありません。


私は引き続き、相場を予想しません。
長期銘柄は配当を貰いながら長期で保有。中長期銘柄は高値で分割利益確定していた株を、順次買い戻しています。(現時点ではこれが上手くワークしており、分割利益確定の強みを発揮したなという印象です。買い戻しチャンスが嬉しいです)さらに、そもそも温存していた現金も少しづつ使っています。景気の影響を受けても、持続的に成長できる、本当に所有したい会社だけを集めていきます。良好な決算にも下落している銘柄もあるので、新規で買い付けもしています。個人投資家の懐が傷んでいるので、市場のマインドが回復するまで時間がかかるかもしれませんが、じっくりと腰を据えて挑んでいきたいと思います。


ちなみに、ついに昨年12月末時点の資産まで逆戻りしました。一時は年初来プラス10%以上あったんですが・・・


■直近の投資行動
picul.hatenablog.jp

picul.hatenablog.jp

picul.hatenablog.jp


■関連記事
picul.hatenablog.jp

広告を非表示にする

【超絶IR】日本モーゲージ7192

日本モーゲージが超絶IRを発表しました。
なんと、上方修正、株主優待、株式分割、増配が同時に発表されたのです。


久しぶりに気持ちの良い開示でした。


決算シーズンなので、保有している銘柄の開示が続々と進んでいますが、予想以上に市場が荒れているイメージです。良い内容でも、そこを利益確定のタイミングとばかり徹底的に売られたりもします。


長期銘柄は今まで通りじっくり腰を据えてホールドしていきます。中長期銘柄では分割利益確定や買い戻しを駆使しながら、資産防衛をしていきたいと思います。直近は株価調整しているので、分割利益確定していた株を、割安になっているものから順次買い戻しています。やはり、自分の中では長期投資と中長期投資、両方を並行してやることで、心のバランスがとれているように思います。


引き続き、相場を予想せずに個別銘柄に注視していきます。

広告を非表示にする

【激動の相場】月曜日に動いたおかげで、火曜日のバーゲンセールを楽しめた!でも現金はまだまだあります。

激動の相場ですね。今週は久しぶりにパンチのある暴落があって、驚いた方も多いのではないでしょうか。先週末にダウが急落していたので、含み益を引っ張っていた銘柄を月曜日に利益確定しました。


月曜日は意外にも市場が平穏だったので驚きましたが、週末あれだけ荒れたから相場はNY次第だと思っていました。ですので平穏の中、月曜は予定通り利益確定しました。もちろん、長期保有銘柄と恩株は何もいじっていません。長期保有銘柄は長期の見通しが崩れない限り保有し続けます。利益確定したのは中長期保有銘柄です。
※先週まで長期保有銘柄と恩株は資産の約40%を占めていました。

picul.hatenablog.jp



翌日の火曜日は案の定パニック売りが訪れました。
相場はどうなるかわからなかったので、かなり安い価格で指値を入れていたのですが、上手いこと刺さっていきました。前日の利益確定で手当てしたお金を使ったので結果的にかなり効率的な買付ができました。


新たに買い付けた銘柄は、どれも長期保有目的の銘柄なので、資産に占める長期保有銘柄(恩株を含める)が40%⇒50%に増加しました。


日経平均は数ヶ月前に戻っただけですが、個別銘柄にいたってはここ1〜2年で見てもかなり安い水準の株があったので、新たに色々買うことができました。例えば、安江工務店1439は状況が良いにも関わらず最安値近辺まで落ちていました。
良い状況⇓
・2017年12月期の上方修正を2月1日にしたばかり。
・2018年12月期予想は良い数値を出すのが分かりきっていた。⇒2017年12月期数値は「一時的な落ち込み」と2018年12月期は問題ない。とIRが公言していたので、2018年12月期数値は増収増益がほぼ確定しており会社四季報の数値を上回ることが予想できた。
・ハウスドゥが株を買いまくっていた。
などなど面白い状況でしたが、パニック売りでバーゲンセールになっていました。


色々、買ったわけですが、もともとあった温存していた現金を使ったわけではなくて、月曜日に利益確定した現金を使いました。温存している現金を全部吐き出すまでの暴落ではありませんでした。ですので、現金比率は結局ほとんど変わっておらず、まだ現金がたんまりある状況です。ボラティリティが非常に激しいので、変化が激しいですがおおよそ25%の現金比率となっております。資産は先月始めころの規模まで戻ってしまいましたが(年初来3%)、長期保有銘柄を増やせて満足しています。一時は年初来11~12%増だったので、めっちゃ減った感覚はあります笑


かなりアバウトにポートフォリオを説明すると
長期保有銘柄(資産構成10%の恩株含む)50%
中長期保有銘柄25%
現金25%
こんな感じです。


いずれは長期保有銘柄70%、中長期保有銘柄10%、現金20%の構成にしていくつもりです。
picul.hatenablog.jp



■追記
たまには届いた株主優待の紹介します。少ししか保有していませんが、ニイタカから洗剤が届きました。地味な事業内容ですが、会社の人が温かく同じ大阪なので永久に応援したいと思います。

広告を非表示にする

【NYダウ急落】約666ドル安。映画オーメンを思い出すような下げ方です(笑)

先週末、NYダウが久しぶりに急落しました。
約666ドル安(665.75安)です。率にすると2.54%安ですが、値幅だけ見るとパンチがあります。(666というと、映画オーメンですね。)


私は相場を予想しませんが、こういう急落ポイントは注意するようにしています。さらに、去年から相場の雰囲気が変わっているのは確かです。株価が上がる銘柄が入れ替わっていたり、上がり方が変わってきています。


一時的な調整になるか、本格的な調整になるのかは分かりません。


ただ、どちらに転んでもいいようにするのが私の信条です。相場を予想せずに、引き続き個別銘柄に注視することには変わりありません。


一時的な調整で済むこともあるので、現時点の持ち株を大事にします。そもそも急落で売りたくなるような株は普段から保有しないようにしています。ただし、一部分の銘柄に関しては含み益を最大限引っ張ることに注力していたので、分割利益確定をしていない銘柄もあります。そういう銘柄に関しては少し利益確定してキャッシュ比率をもう少し上げたいと思います。(※長期保有株と恩株は売りません。引き続き、長期見通しが崩れないかぎり保有していきます。
picul.hatenablog.jp


本格的な調整になればキャッシュがあるのでそれを使います。軽い急落では株の買付はしないようにします。温存しているキャッシュ23%を大事にします。(株高でキャッシュ比率が23%まで低下しています。)このキャッシュは総悲観の時に使うことで威力を発揮するのを知っているので、まだ使う予定ありません。焼け野原になったときに使います。動かざること山の如し!(焼け野原になるのは数年に一度なので、通常は常に”最低でも20%”のキャッシュがあります。今回も使うことはないでしょう。今のところ焼け野原は想定していませんが、どうなっても対応していきたいです。


一時的な調整であれば、引き続き持株の含み益引っ張れますし、焼け野原であればキャッシュ使えます。どちらに転んでも対応していけます。


■追記
フルポジションで全てのクラッシュを乗り越えながら、長期的に資産を増やしている投資家がいるのも承知してます。それも立派な勝ちパターンです。投資家それぞれ立ち回り方が違うので、自分の性格に合った、手法や考え方を身につけることが大切です。私の場合は一定のキャッシュを持って、焼け野原で買うのが好きなだけです。


picul.hatenablog.jp

広告を非表示にする

【2018/3月号】日経マネーに掲載されている記事を適当に選んで一言コメントします。

こんにちは。
piculです。

本日も久しぶりに日経マネーに掲載されている記事に一言コメントしていきます。

■P17 株式投資は趣味のガーデニングによく似ている

ジョエル・ティリングハスト氏「株式投資もガーデニングも今日の行動の結果がすぐには表れない点が共通している。」
⇒私も同意見です。すぐに結果の出る花もあれば時間がかかる花もあります。雑草も生えますし、台風が来ることもあります。適切に管理すれば美しいガーデニングになりますが、管理を怠ればすぐに荒れます。株式投資も同じで、素晴らしい会社に投資して、すぐに株価の上昇が伴うこともあれば時間がかかることもあります。足を引っ張る株があれば、売却することも大切です。足を引っ張る株は、ガーデニングでいうところの雑草ですね。

■P43 日本エム・ディ・エム

人口関節や骨関連の医療関連メーカー&商社です。同社は積極的に新製品、M&A、販売先開拓を通じて成長を続けています。実際に海外での売上高が拡大し続けており、将来性は抜群です。安いところで株を買っている人は長期投資家はそう簡単に手放さなないでしょう。

■P61 みきまるさん

みきまるさんの投資手法が紹介されています。みきまるさんは、「最主力3銘柄、主力15銘柄、優待株いけす600銘柄」でポートフォリオを構成されているようです。これは非常に理にかなってます。一見、とてつもない分散投資のように見えますが、「最主力」と「主力」の銘柄も保有しており、積極的に資産を増やすことができます。逆に優待株が600銘柄あるので防御力にも優れています。攻撃と防御の両方バランスがとれるやり方ですね。私好みです。
現在私は、保有株が恩株も合わせて70銘柄ありますが、資産の約40%を5銘柄で占めています。ですので、個人的には集中投資です。
もちろん、銘柄を数銘柄に絞って大きく資産を増やす人もいますが、それはそれで正解です。投資家それぞれやり方が違うだけです。どのやり方が正解だなんてありません。あえて言えば、生涯収益が+であれば投資としては成功ですね。結局は分散でも集中でも資産を増やすことができたらいいんです。


話変わりますが、短期で大きく資産を増やしても、10年後に破滅すれば意味ありません。どんなに相場が荒れ狂おうと生き残る必要があります。それができないなら専業投資家として生きていくことはできません。もちろん、何度も億万長者になって何度も破滅するやり方が好きな人もいるでしょう。それは個人の価値観ですね。私は一度も破滅したくありません。私の友人に、何度も億万長者になっている子がいます。でもその子はなんども破滅しています。起業家なのですが、やり方がギャンブラーですね。現在は億万長者を楽しんでいますが、また破滅するでしょう。

■P75 2018年もIPOは狙い目だ

私もIPO銘柄は好きです。革新的なビジネスもありますし、非常に成長率が高い会社もあります。ただし!どんなに素晴らしい会社でも割高な時に掴めば痛い目にあいます。ですので、私は高値で買うことはありえません。必ず安値で買います。利益と成長率と比べて妥当な株価の会社を手に入れるのです。半年〜1年くらい経てば、割安になることもあるので、私はそういう時を狙います。いつ割安になるかわからないので普段からIPO銘柄を勉強して株価チェックしておきましょう。直近の例を一つ挙げると、2016年12月に上場した日本モーゲージ7192が去年叩き売られていました。おかげで安く買うことができました。もちろん、上がれば分割利益確定をしていきます。
picul.hatenablog.jp


picul.hatenablog.jp

広告を非表示にする