資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【ビギナー必見】多くのベテラン投資家に会いまくって分かったこと!!

私は去年から積極的にたくさんのベテラン投資家と交流してきました。交流会、お茶会、飲み会など、様々な場面で直接お話してきました。投資家との交流を積極的に始めるキッカケが特段あったわけではありませんが、何か新しい一歩を踏み出したかったのだと思います。そういう会にはビギナーも参加していることがあり、その場合はベテラン投資家は質問攻めされることが常です。 


そこで、あることが分かりました。


ほとんどのベテラン投資家は、ビギナーからの質問に必ず丁寧に答えていることが分かったのです。


しかもかなり熱心に教えているパターンも少なくありません。そういえば、私も教えるのが好きです。もちろん、こちらから能動的に教えることはありませんが、聞かれたら基本的に何でも答えてます。


そこで思ったのですが、ビギナーの投資家は交流会などで積極的にベテラン投資家と話した方がいいと思います。例えば、アイルさんが主催している名古屋のキャッシュフローゲーム会には凄腕のベテラン投資家がたくさん集まっています。
cfg-n.seesaa.net


しかし、注意点があります。


それは、聞く前に自分で基礎知識を勉強することです。例えば、「PERやPBR、キャッシュフローや減価償却」など、株式投資をしていると学校では学んでいない用語がたくさん飛び交います。それらは基本中の基本です。せっかく、ベテラン投資家に質問するチャンスがあっても、「PERの意味は?PBRは?」なんて質問してしまったら、時間の無駄ですし、聞かれる方も面白くない人が多いと思います。基礎知識は本を買えば簡単に手に入ります。上級者からは、知恵や経験を聞いた方がいいです。もちろん、聞くばかりではなくて、自分からも何かしらの知識を提供して、与えることも意識しましょう。そうすれば長い付き合いができますよ。与えてほしければ、自分からも与えるようにします。これ、何でも通用する法則です。愛が欲しければ、自分から愛するのです。

広告を非表示にする

ゆーぞーさんの株勉強会はアットホーム

ゆーぞーさんは、投資とは関係のない昔からの友人です。(学生時代の同級生です)ゆーぞーさんも、投資でひと財産を築いていて、投資手法は違えど昔からの繋がりなので今でも仲良くやってます。


そんな、ゆーぞーさんは、昔から細々と投資勉強会を開いていて、最近はTwitterでも参加募集を始めたようです。初心者の人の簡単な質問にも丁寧になんでも答えるので隠れた人気者です。会ったら分かると思いますが、裏のない人間で「ザ・大阪人」といった感じです。一人で寂しく投資をしているという人は、ゆーぞーさんに色々話を聞くといいですよ。もちろん、彼もただの投資家なのでお金を要求したりしません。ただし、酒好きなので飲み会には頻繁に誘われるようになると思います。


ゆーぞーさん主催の株勉強会が2月にあるので今回は私も参加します。
twipla.jp

広告を非表示にする

【最高の相場環境】今年は銘柄を分散させることで年初来11%増!!

皆さん、こんにちは!!


今年は始まったばかりというのに、相場が好調で資産も最高値を更新しており年初来11%増となっております。保有株数の多かった、コメダ、ジェイエスビー、毎日コムネット、竹本容器、ハウスドゥ、日本モーゲージなどが全体を引っ張ってくれました。新しい顔ぶれで白鳩やクロス・マーケティング、システムディなども上手くワークしています。逆に全く上昇せずに日柄調整している銘柄もありますが、会社の状況変わっていない株や長期保有株は売却してません。相場環境が良すぎるので依然として注意が必要ですが、利益を引っ張れるものについては引っ張っていきたいと思います。


資産は順調に増えていますが、昨年と違い中長期保有目的で買った株がすぐに上昇するのでEASY相場です。分割利益確定や買い戻しも上手くワークします。ですので、個人的には相場環境のおかげと思っていますので気を引き締めていきたいと思います。

■関わっている銘柄

現時点で「買っているのか売っているのか」については書かないようにします。
ダイオーズ、コメダ、エリアリンク、JBCC、JSB、毎日コムネット、竹本容器、ハウスドゥ、日本モーゲージ、ブラス、MS&コンサル、クロス・マーケティング、Casa、白鳩、船場、システムディ、ニイタカ、アールビバン、ドトール、パレモ、パルグループ、一蔵、楽天、KDDI、わらべや、ナカバヤシ、JSSなど今年は幅広く会社と関わっています。あとは、以前と変わらず恩株の種類を少しづつ増やしています。


picul.hatenablog.jp

広告を非表示にする

【第513号】日経ヴェリタスの記事を見ながらランダムにコメントします。

息子が誕生して2ヶ月以上経ちました。よく喋るようになってきたので(もちろん、何を言っているのかわかりません)、それに対して色々言葉を発してあげると嬉しそうに反応します。私はピアノが好きなので、息子にもピアノが好きになってほしいと思っています。ですので、機嫌が良さそうなときには生音でピアノを聴かせています。(気分が良い=ピアノ)ある意味洗脳ですね。まあ心理学的に言えば、大人のほとんどの行動は刷り込みです。家族、友人、職場、テレビや雑誌、様々なところから刷り込みを受けます。ですので、できるかぎり良い刷り込みをしていきたいですね。

さて、
本日も日経ヴェリタスの記事を見ながらランダムにコメントしていきますね。

P1 2018年戌に笑おう

日経ヴェリタスは12月中旬までに市場関係者にアンケートを行ったようです。その結果、2018年は日本株の上昇率がトップとの見方が6割を超超えていることがわかりました。さらに7割は日経平均の高値を「25,000円以上」と予想しているようです。紙面を見ていると、どうやら強気の予想をしている人が多いですね。多くの人は将来を予想しようとしますが、私は株式市場の予想をしません。”今”この瞬間に注目します。さらに、市場全体はどうでもよくて、個別銘柄に注目します。実際、リーマンショックの時も、一時は全て焼け野原なりましたがファンダメンタルズ良好な割安な銘柄は比較的回復が早かったです。さらに、2009年、2010年と相場の雰囲気がまだ回復していないときでも株価は上昇していきました。つまり、個別銘柄への投資を行うのであれば、個別銘柄のことを完全に把握していればいいのです。もちろん、市場の予想をして投資で成功している人がいるかもしれないので、それはそれでよいと思います。私の場合は、市場の予想をしません。

P10 長期投資へ銘柄選別

藤野氏が、共立メンテナンスを例を出しています。「ホテル需要に対応するため投資を増やした。これがアナリストの目には、減価償却費負担が増えて、利益が落ち込むと映った。売り推奨が増え株価が下がったが、ホテルが完成すれば売上高は増え減価償却も減っていく。1,2年待てば、業績は拡大する。当社のような長期投資家にとっては楽勝の投資だ。」と語っています。短期的には株価にマイナス材料でも、長期的には非常にポジティブな材料というのが存在します。市場が近視眼的になっているときこそ、長期保有する銘柄を買う絶好のチャンスです。「どの時間軸でネガティブ材料にされているのか」これを考えることが大切です。

P11 投資の始め方

藤野氏は、期間は少なくとも5年はやるべきだ。景気の山と谷を経験して、学ぶことができる。と語っていますが、私は少なくとも投資は最低10年やるべきだと思います。さらに、生涯を通じて、20年、30年、50年と続けていくことが大切です。多くの人は、少ない年月で多くのことを成し遂げようとしますが、20年、30年でできる偉大なこともあります。

P12 ファストリ株、2年ぶり高値

12月国内売上高は競合上回る18%増と記事があります。今冬、シームレスダウンを初めて買ったのですが正直クオリティめちゃめちゃ高いです。あれで1万弱はありえないです笑 友人が「UNIQLOでええねん」という発言をよくしますが、私は違います。「UNIQLOがいい」値段から考えると、あきらかに素材とクオリティが高いので大好きです。ちなみに、「値段の高い素材」とかありますよね。あれは市場メカニズムで高いだけであって、決して機能性が高いから、値段が高くなっているわけではありません。安くても機能の良い素材はたくさんあるのです。良品計画もジーンズに力を入れていたりと、ファストファッションは安くて良いものが手に入ります。お洒落にしたかったら、シルエットと清潔感に気を付けたらいいので、服の値段は関係ありません。もちろん、ファストファッションらしく、残念なシルエットの服はたくさんありますがね。。。

広告を非表示にする

【学生マンション】毎日コムネットとジェイ・エス・ビーを比べてみる。

学生マンションというと、多くの人は「少子化が進んでるから市場に期待できない」と考えるようです。ただ、学生マンションというのは実は慢性的に足りてないのです。ですので、ここを専業でやっている会社は安定成長しています。さらに、高度なオペレーションや大学との繋がりも重要となってくるので、簡単に参入できるわけではありません。今後の鍵は、女子大学生と留学生の増加です。もちろん、10年後はどうなっているかはわかりませんが、そんなことは予想する必要なんてないですね。今のトレンドを見ていればいいわけです。


学生マンションで代表的な銘柄が、毎日コムネットとジェイ・エス・ビーです。毎日コムネットは首都圏中心、ジェイ・エス・ビーは全国展開です。どちらも強みや特徴も兼ね備えているので、甲乙つけがたいので、この2社を同時に保有する投資家もいます。


しかし、株というのは将来を急に織り込みにいく瞬間があります。
毎日コムネットとジェイ・エス・ビーで考えてみると、毎日コムネットの時価総額は208億円で、ジェイ・エス・ビーの時価総額は199億円です。1ヶ月前までジェイ・エス・ビーの方が時価総額が大きかったのですが、毎日コムネットの急騰により、時価総額が逆転した形になりました。


毎日コムネットの今期1株益予想(四季報)は60.6円。株価は1,158円ですので利益の19.1倍で取引されていることが分かります。ジェイ・エス・ビーの今期予想1株益(四季報)は383円。株価は4,495円ですので利益の11.74倍で取引されていることが分かります。毎日コムネットのROEは14.9%でジェイ・エス・ビーのROEは19.9%です。同じようなビジネスモデルですがジェイ・エス・ビーの株価は相対的に割安なことがわかります。もちろん、株というのは一旦上昇し始めると上昇が続くことが多々あります。ですので、さらに価格差が拡がる可能性もありますが、その分ジェイ・エス・ビーの割安が際立ってきます。そのため、ポジション調整で割高の方を売却して割安の方のウェイトを上げるという戦略があります。


■関連記事
picul.hatenablog.jp

広告を非表示にする