資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【お宝銘柄】日常生活で感度高くしていると発見できます。


昔、業務スーパーの圧倒的な激安商品に衝撃を受けました。そういう衝撃は株式投資に活きます。当時、そのおかげで神戸物産に割安時に投資することができました。もちろん今は保有していませんが、日常生活で出逢ったお宝銘柄でした。


これからも日常生活での感度を大事にしていきます。

【感謝】ぱりてきさすさん

「ぱりてきさす」さんと色々話していると、個別銘柄のことはブログやツイッターにあんまり書かない方がいいなあと思いました。知らぬ間に煽りとかになったり、誤解が生まれるかもしれないので気をつけた方がいいと思いました。


ツイッターを見てると、「ピックルさんが買ったから◯◯を買った」というのをよく見るようになったので、ちょっと良くない傾向だなと思っていました。よくよく考えてみると勝手に恨まれるリスクがあるのでそれなら最初から個別銘柄に関することは書かない方がいいですね笑
ぱりてきさすさん、ありがとうございます。


ですので、これからはツイッターも個別銘柄のツイートは消していきます。ブログも個別銘柄ではなく、そのときどきの考え方や手法、趣味、生い立ちなどを軽く書いていきます。
他の人の個別銘柄ツイートには好き勝手に話しかけるかもしれませんが、自分発信で銘柄は呟かないことにしました。
もちろん、オフ会や飲み会などではざっくばらんに今まで通り、ネタとして銘柄の事も話します。


ブログ対策として、具体例を挙げる場合には、過去保有していた銘柄を使って考え方や投資手法を書きますね。

【決算発表】保守的な会社の場合、通期決算を跨ぐのは慎重に。

大阪城エリアは本当に美しいです。
近所ですがパワースポットです。

さて、保守的な会社の場合、通期決算を跨ぐのは慎重にすることも1つのアイディアです。

例えば、市場がある会社の成長ストーリーを今期予想、来期予想ともに「増収増益」を期待しているとします。実際、今期予想は「増収増益」に向かって順調に四半期決算が進捗しています。

しかし、いざ1年間の通期決算が発表されると、今期予想であった実績値は「増収増益」を達成できたものの、あらたに発表された今期予想が「増収減益」などのパターンがあるからです。保守的な会社によくあるパターンです。これには市場は面食らうので、株価がネガティブに反応することがあります。


ですので、あらかじめ、保守的な決算を発表しそうということが分かれば、通期決算の前に少しポジションを減らしておくという対策をあります。これはあくまで1つのアイディアです。


もちろん、「増収減益」でも長期的に見れば、なんら問題ないこともあります。ですので、自分がどういうスタンスで株を買っているかによって判断が変わります。わりと短期目線で考えているなら不要なリスクを避けたらいいですし、長期で考えているなら、増収減益で嫌気されて株価が下落したところを静かに拾うこともできます。いずれにせよ、株式投資というのは同じ銘柄を扱っていても、ある人は富、ある人は貧する世界です。立ち回りも大事な要素です。

【ヤクザ】子供時代、みんな穏やかだった記憶があります。でも、誰かとトラブルになったときに発した一撃の言葉がありました。

以前、亡き父についての記事が書いたところ、とても大きな反響がありました。ヤクザに関することで、ふと思い出したことがあるので書きたいと思います。

亡き父についてはコチラ⇓
picul.hatenablog.jp


日常生活の会話で、「お前しばくぞ〜」「どつくぞ」「まじで殺すで」など、平気で冗談言う人がいますよね。冗談でなくて、本気で怒ったときに言う人もいるでしょう。


でも、私の子供時代を思い返すと、ヤクザはそういう言葉を気安く発しませんでした。いや、もちろん若い人とかはたしかに言葉が荒いです。不良だったころの素振りが抜けてないのかもしれませんね。でも、大物クラスは基本めちゃくちゃ優しかったです。ちなみに私、ヤクザに詳しくありません。それは前回の記事でも書いたとおりです。ですので、子供時代の記憶をたどり、組長(優しいおじいちゃんでした。)や、父など常に中心にいてたような人を勝手に大物クラスと決めつけてます。


話戻しますと、基本的に大物クラスは平和的で話し方も穏やかでした。ですので、日常会話で相手に対して「しばくぞ」「どつくぞ」「殺すぞ」なんて言葉を聞いたことがありません。


基本的に、大物は本気のときに、人間が変わったようにドスの利いた声で言葉を発します。例えば、スナックなどで、誰かとトラブルになったとき、若い衆は速攻キレます。でも、大物は簡単にキレませんし、そう簡単に怒りません。


でも、本気になれば、顔色と迫力が変わります。そして、「ワレ、覚悟決めとんのか」「わかっとるんやろな」と発します。


これはつまり、命懸けて文句を言ってきてるんか?という意味です。「喧嘩するんやったら、ワシのことを殺してまわな、お前の命はないねんで。」という意味です。この時点で、全てが決まります。「ワレ、覚悟決めとんのか」と同時に、立ち居振る舞い、顔色、ドスの利いた声、全てが合わさって絶妙な恐怖が完成するのです。大物クラスは人生での覚悟の決め方が異常です。恐いものがありません。何かの感情が壊れています。


話それますが、ヤクザは”平時”武器を持っていません。私の父も武器を持ち歩いていませんでした。車に木刀が入ってるくらいです。私が大人になってから、亡き父から聞いた話ですが、日常生活で武器が必要になれば、そこら辺のビール瓶や、ビール瓶ケース、自転車、コンクリート、看板など。そういったものを使うらしいです。「普段武器を持ち歩いたら、簡単に殺してまうから危ない」と言ってました。そもそも、亡き父はキックボクシングをしていましたし、週に3度はトレーニングを死ぬまで続けていました。身体を鍛えることで強い精神が宿っていたのかもしれません。


私が子供のころ暴走族に襲われて、護身用にナイフを持とうとしました。そうすると父は怒りました。「そんなん持ってどないすんねん。殺してまうんか?ナイフ持って使ってしまったら殺すしかあらへんぞ。絶対持ったらあかん。その辺のもんを武器にしてまえ」と言われたのを覚えてます。


私もそういう環境で育っているので、そういうトラブルで恐怖を感じません。もちろん、そういうトラブルに巻き込まれない術も持っていますし、危険な場所には行きません。トラブルは避けることが一番です。メリットありません。

【保有銘柄の状況】ジェイ・エス・ビー買い増し、毎日コムネット新規買い。どちらも長期目線で買いました!!

皆さん、こんにちは!!

昨夜は、中学からの友人ぴょんに晩御飯ご馳走になりました!!
ご馳走さまです!ありがとうございました〜!
twitter.com

それでは、保有銘柄の状況について。

■手法について

買付に関しては5項目(ビジネスモデル、業績、財務、計画の進捗率、バリュエーション)を重視していますが、イレギュラーな取引も存在します。例えば、期待度が非常に高い場合、PERが少し高めでも株を買うことがあります。一時的に業績が悪く見えるだけで、本来は好業績である場合、株を買うこともあります。

売却に関しては、5項目のいずれかが崩れるか、株価が上昇すればするほど分割で利益確定を実施します。ですので、極論を申し上げると、一度株価が急騰してから、株価が暴落して買値に戻ったとしても資産は増えています。急騰の過程で一部は利益確定できているからです。これが分割利益確定の強みです。なかには、すぐに分割利益確定をしない銘柄もありますが、それは銘柄の期待度によって変わります。

全て現物取引です。この14年間信用取引は一度も使っていません。

昔の話ですが、
兼業時代の4年間は、夫婦で毎月24万円とボーナス全額を証券会社に入金していました。
そのため、その頃は毎月15万円くらいで生活していました。

■売買動向

ジェイ・エス・ビー3480を買い増し。毎日コムネット8908を新規買い。学生マンションは長期的に有望と判断。どちらも長期目線ですので短期的パフォーマンスは気にしません。下落することがあれば、買い増しを検討します。大きく育てたいので下落を願っています。下落しなければ、このポジションのまま我慢します。それから、アールビバンを少し買付。見極め段階で、状況次第では買い増しを検討しています。ですのでどういう材料に注目しているのかは控えさせていただきます。こちらもできれば30%くらいの下落を願っています。もちろん、見通しが変わればすぐに売却します。

現金比率を下げたくなかったので、資金を捻出するため優先順位を考えながら売却もしました。全国保証を恩株だけ残して全て利益確定。これにより恩株は合計32銘柄になりました。続いて、エフオン利益確定、MCJ利益確定、グリムス買値で撤退しました。

「細かい数値面の分析過程も書いてほしい!」
との要望をメッセージでいただきますが、申し訳ありません!!時間の関係でブログはこれが精一杯です。数値面や分析過程はオフ会や飲み会などで話ますね。普段は、1人で分析する時間を、できるかぎり大切にしたいと思います。

■主力銘柄 資産の5%以上

(取得単価、小数点以下は切り捨てます)
自分の資産の5%以上を占める銘柄については、主力銘柄のグループとして書くことにしました。順不同。当然大きな金額を投資しているので資産に大きな影響があるのは主力銘柄です。
ダイオーズ4653(平均取得995円)
なかなか輝きませんが、大好きなストックビジネスです。短期的な利益率低下は気にしません。
エリアリンク8914(平均取得1,312円)
平均取得1,300円以下と思ってましたが、楽天証券とSBIの取得単価を平均させると1,312円でした。完全に単純計算ミスしてました。
REIT組成が実現すれば、もっと面白くなりそうです。
コメダ3543(平均取得1,823円)
フルサービス喫茶、短期的な株価はどうでもいいです。
もはやインフラと化している。
JBCC9889(平均取得868円)
見かけ上の売上減ってるが構造改革が進んでおり筋肉質に。
日本モーゲージ7192(平均取得2,070円)
住宅瑕疵保険に期待。
ピックルス2925(平均取得1,212円)
変動は激しいがなんやかんやで企業価値とともに株価上昇。
竹本容器4248(平均取得1,746円)
プラスチック容器は何度も作る必要があるし、これからも人々はプラスチック容器を使うであろう。
それより以前にも保有していたが一度同値撤退している。

■1,000万円未満のポジション

ハウスドゥ3457(平均取得1,663円)
財務が良くないが、圧倒的なビジネスモデル。
ジェイ・エス・ビー3480(平均取得4,395円)
毎日コムネット(8908)(平均取得840円)

■500万円未満のポジション

仙波糖化工業2916(平均取得583円)
シノブフーズ2903(平均取得771円)
アスラポート3069(平均取得435円)
アールビバン7523(平均取得740円)⇒追加取得して単価上がりました。

■100万円未満のポジション

ハビックス3895(平均取得1,052円)
Casa7196(平均取得2,315円)
ドトール3087(平均取得2,622円)
ニイタカ6670(平均取得1,899円)
三機サービス6044(平均取得1,284円)



■恩株32銘柄

保有銘柄の状況記事を書くたびに「恩株」を公開していきます。目的としては、私の銘柄の好みを知っていただければと思います。恩株は各銘柄、最低単元〜数単元しか持っていません。ここ数年に投資した銘柄の、恩株が多いのは、以前50銘柄⇒30銘柄へと恩株を絞る過程で整理したからです。

今回は丸和運輸を公開します。
2015年3月に投資をしました。
高い成長力があり、株主還元にも手厚かったので非常に安心感ある投資先でした。

エスビー2805(2017年5月買付)
日本管理センター3276(2014年3月買付)
コスモス薬品3349(2010年3月買付)
コムチュア3844(2014年6月買付)
パラカ4809(2014年11月買付)
ユニバーサル園芸社6061(2014年8月買付)
ウィルグループ6089(2016年12月買付)
全国保証7164(2017年2月買付)
セブン銀行8410(2010年7月買付)
丸和運輸9090(2015年3月買付)


残り22銘柄!!
次回もお楽しみに!!

■現金

資産に占める現金比率は約30%。


※ブログに記載されている銘柄は推奨ではありません。

picul.hatenablog.jp