資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【エリアリンク(8914) この程度の株価変動は誤差】ファンダメンタルズが不変であるかぎり手放しません。

エリアリンク(8914)が直近上昇しています。本日の終値株価は1,536円。私の取得単価は1,280円ですが、まだ分割利益確定は実施していません。同社については長期投資で考えているので、この程度の株価変動は誤差と考えています。


もちろん、同社への見通しが自分の中で変われば、容赦なく売却します。その時に利益が出ていようが、損失が出ていようが関係ありません。保有している間は愛着はありますが、それはファンダメンタルズが良好であればの話です。


最近、私は保有株を公開しないようにしていますが、同社に関しては以前からブログを書いていたので、継続的に状況をお話したいと思います。


中長期投資と長期投資の考え方についてはコチラを参照してください。
picul.hatenablog.jp

エリアリンクの過去記事はコチラ
picul.hatenablog.jp

【投資アイディアを妻に伝えるメリット】賢そうに話すのではなく、簡単な言葉で伝えるのがポイント!!

私は自分の投資アイディアを妻によく話します。
「どんなビジネスをしているのか」
「なぜこの株を買いたいのか」
などを話すのです。


そこで妻が理解できなければ投資アイディアとしてはアウトにしてます。


ですので、いかに分かりやすく伝えるかどうかが重要になってきます。
難しい言葉(専門用語)を使っていては伝わりません。
賢そうに話せば興味を失ってしまいます。
難しいことを簡単に話せないということは、その会社を理解していないことになります。
妻に話すことで、自分の会社への理解度も知ることができるのです。


例えば、「IOT、プラットフォーム、クラウド、リソース、ウェアラブル、サプライ」
こういったカタカナを乱用すれば伝えることができません。
会社の儲けの仕組みを説明できないといけません。
なぜこの株を買いたいのか説明できないといけません。
ということはできるかぎり簡単な言葉で話す必要があります。


でも、どんなに勉強してもそれが理解できない場合があります。
その場合はそのビジネスが複雑過ぎるのでアウトです。
投資対象外になります。
妻に話すことで、投資のスクリーニングができるのです。
これはメリットですね。


私は、複雑なお金の流れを好みません。
シンプルな金の流れが好きです。
それでお金を増やしてきました。

【超重要】PER=株価÷1株益 これシンプルだけどめちゃめちゃ大事です。

「PER=株価÷1株益」
    ⇓⇓
「株価=1株益×PER」

つまり、株価が上がるには
1株益かPERが上昇すればいいんですね。


もしくは両方上昇すれば最高ですね。


これシンプルだけどめちゃめちゃ大事です。
忘れた方は
「中長期投資マニュアル」 SYNAPSE06_株価が上昇するメカニズム
で復習しておいてくださいね。


❑追記
本日書いた記事に補足を加えていますので
是非ご覧ください。
picul.hatenablog.jp

【9月号*②】日経マネーに掲載されている銘柄を適当に選んで一言コメントします。

新コーナー始めてます。

内容はコチラ⇓

picul.hatenablog.jp

 

それでは、9月号の続きを書きたいと思います。

適当に銘柄選びますね。

 

P126コシダカ(2157)

同社のフィットネスカーブス事業に昔衝撃を受けました。私は学生時代、フィットネスジムで3年間働いてました。そこで分かったのですが、フィットネスジムは中高年の方々が支えているということです。なぜなら簡単には退会しないからです。毎日毎日、運動だけではなくてコミュニケーションをとることも目的としています。同社のカーブス店舗利用者に尋ねてみると、それが上手くいっていることがわかります。そしてお金がかかる設備を備えていないので、同社のカーブスは儲かります。あえて言えば、カーブス事業だけに集中してほしかったです。

補足:本日の終値株価は3,115円

今期予想PERは22.11倍

人気化していますね。ここから買う投資家は「高く買ってさらに高く売る」投資家です。そのスキルを持っていない。もしくは「安く買って高く売る」を基本としている投資家には出番なさそうですね。

 

 

P126コメダ(3543)

同社のフルサービス喫茶は消費者から圧倒的に支持されています。入店する時間により様々な客層を目の当たりにします。フランチャイズという非常に儲かるしくみで、安定成長しているのが特徴です。すでに海外展開を始めており、その動向が注目されます。

補足:本日の終値株価は1,900円

今期予想PERは17.2倍

ビジネスモデルの優位性からは妥当なPERでしょう。PERが15倍未満とかになれば割安感が出てきます。PER13倍未満とかなれば最高ですね。もちろん事業状況が変わらないことが前提です。

 

 

付録P4ダイオーズ(4653)

同社は継続的に売れるものだけを商材としているストックビジネス重視の会社です。オフィスコーヒーで有名ですね。すでにアメリカで帝国を築きつつあり、安定成長しているのが特徴です。先行投資は継続していますが、いよいよこれから収穫期です。安く買っている人は状況が変わらないかぎり手放さないでしょう。

補足:本日の終値株価は1,262円 

今期予想PERは14.26倍

世界展開が成功しており、実際に業績が右肩上がりのわりには、たいして評価されていません。業績がこのまま順調であれば、もっと評価されてもおかしくありません。安く買っている場合は、当分利益確定は待つでしょう。

 

【9月号*①】日経マネーに掲載されている銘柄を適当に選んで一言コメントします。

皆さん、こんにちは。いつもブログ読んでいただきありがとうございます。

 

 

「日経マネーに掲載されている銘柄を適当に選んで一言コメントします。」という新しいコーナー作りました。

 

 

ただ一つ問題が…私は日経マネーを買ってませんw でもdマガジンに登録してるので、半分くらいのページは読むことができます。ですので、その半分くらいのページから適当に銘柄を選んでコメントします。

 

 

注意点

・その銘柄を選んだからと言って推奨ではありません。

・私の考えを押し付けるものではなく、単なる一言コメントです。

 

 

それでは早速始めます!

日経マネー9月号

 

 

P21ライザップ(2928)

同社はプライベートジムで圧倒的知名度を誇ります。とてつもない好業績なのにしばらく安値放置されていましたが、ここにきて一気に人気化していますね。安値で買っている人はすごいですね。私は買えていません。ただ、買収を繰り返しているので、事業のリスクが複雑化しています。その辺を理解することが大切ですね。

 

 

P23 任天堂(7974)

同社の新据え置きゲームswitchはすごい人気がありますね。株価はその人気とともに急上昇しています。私もゲームが大好きなのでわかりますが、ガチゲーマーはスマホゲームで楽しめません。PS4やXbox、PCなどで遊びます。圧倒的にクオリティと操作性が違うからです。まあ、任天堂のゲームはガチゲーマーを対象にしていませんが…

 

 

 

P76センコー(9069)

同社は隠れた優良企業です。長年持続している好業績と株主還元。すでに、会社の規模は相当大きくなっています。

 f:id:picul:20170807122705j:image

 

P77アサンテ(6073)

同社はシロアリ防除で有名ですね。同社はIRイベントで説明を聞いたことがあります。積極的に事業の優位性を話していたのが印象に残っています。アメリカでは当たり前のシロアリ対策が日本では遅れているため、かなりの家屋が傷まなくていいのに傷んでいるようです。好業績が続いていましたが、株価はしばらく放置されていました。しかし、直近の株価は上昇しています。

 

 

ということでこんな感じで書いていきますね。