資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【本決算は要注意】自信がない場合はポジションを減らしておく。

本決算は要注意です。
なぜなら、会社業績の実績値とともに
1年間の業績を占う今期予想も同時に発表されるからです。


今期予想が減収減益だったらどうでしょうか。
それが、戦略的で想定されていた事なら問題ありません。
しかし、想定外であれば、市場は”売り”の判断をします。


もし、本決算の数値に自信がない場合は、保有株のポジションを減らしておくこともできます。
もちろん、自信がある場合や、もっと長期目線で考えている場合は気にする必要ありません。


でも、少しでも不安があるなら、ポジションを減らしてみてください。
今までより、ストレスを減らして株式投資を楽しむことができますよ。

広告を非表示にする

コーナン商事(7516)は2,300円の壁目前。

コーナン商事(7516)が決算を発表してから
地味に上昇を続けています。
このブログを書いているときの株価は2,253円
高値を更新できるのか。
それは分かりません。
いずれせよ、低PERの状況が続いています。

同社については、こちらを参照してください。
picul.hatenablog.jp

広告を非表示にする

日成ビルド(1916)が高値更新間近。私はすでに持っていません。

日成ビルド(1916)が600円を超えて高値を更新しようとしています。
一般的に、株が高値を更新すると強含みます。
皆がハッピーだからです。

同社については全株利益確定しています。
恩株もありません。
picul.hatenablog.jp

ちなみに、ここからさらに株価が上昇しても問題ありません。
私の描いていたストーリーと違えば売却するだけです。
私の理解できるストーリーの範囲外なので、これからのストーリーを理解できる投資家が投資をすればいいのです。
例えば、レオスキャピタルが同社に投資しているように。

私は、自分の理解の範囲内にある投資対象に資金を移すだけです。

広告を非表示にする

恩株のウィルグループ(6089)は1,000円の壁で立ち往生。会社を所有し続けるだけ。

ウィルグループ(6089)は恩株です。
過去記事を参照してください。
picul.hatenablog.jp

先日、決算が発表されました。
内容が好感されて、株価が上昇しました。
しかし、1,000円の壁で立ち往生しているようです。

同社はすでに恩株です。
保有株数は極めて少ないですが、儲けさせてもらった恩があるので
このまま会社を所有し続けます。
日々の株価はどうでもいいです。

私はできるかぎり会社との関係を長く続けたいと考えています。
会社との関係を続けたくない場合は、もちろん躊躇なく全株売却します。

ちなみに私は、株を保有しているとき”愛着”があります。
一般的には、愛着があると株が売れないとか言いますが、私には全く当てはまりません。
躊躇なく売却して手放します。
会社の状況が、私の望む方向のときにだけ愛着があるのです。

広告を非表示にする

【調理済み食品が鍵】状況が変わりつつあるエスビー(2805)

スパイスと言えばエスビー(2805)

同社は先週金曜日に決算を発表しました。
実績値は増収増益。

今期予想も増収増益
1株益は519.60円を予想。
(詳しい数値は決算短信に載っています)

内容としては、全体的に売上が改善してきたもよう。
同社は、ハウス食品に完全に遅れをとっていました。
いつまでたっても進まない海外展開や、商品力にかげりがありました。
しかし、直近の同社を観察していると状況が変わりつつあります。

商品全体の売上が底上げされていますし、
なにより、調理済み食品の売上が急激に伸びています。
さらに、その調理済み食品の赤字幅も縮小しており、今後の同社の命運を握っているでしょう。

それと同時に、海外展開に力を入れることができれば
同業他社との時価総額の差も埋めることができます。


追記
本日の株価は6,070円

広告を非表示にする