資産防衛の日々

独自のルールに基づき割安成長株に投資をしています。臨床工学技士として病院に勤めて4年後に「専業投資家」として独立。投資歴14年くらい。 宝塚大好きです。

【会社四季報】毎日10社調べよう。1年で3,650社、つまり全上場企業をカバーできますよ。

みなさん、おはようございます。


昨日は、妻と奈良に行ってきました。
素朴な町並みが大好きです。
鹿も可愛いですよ。
f:id:picul:20170514104849j:plain


こういうお出かけの日にも会社の調査はしています。
お気に入りのカフェに入ったら、妻は読書、私はiPadで会社の調査です。
会社の調査といっても、会社四季報(外出時は四季報オンライン)や、会社のIRページの資料を読み漁るくらいです。


私の場合、時間があれば何社でも調査しますが、
会社調査が習慣になっていない方は、毎日10社を目標にするといいです。
1日10社だと、1年で3,650社調べることができるので、1年で全上場企業をカバーすることができます。


それが習慣になれば、1日20社、30社と調査数を増やせばいいです。
そうすれば、1年で何度も同じ会社を調査することになります。
そのため、会社内容が脳みそに記憶され、調査効率が上がります。


会社四季報を会社調査の入り口にするなら、
1社あたり1分以内を目安にするとよいでしょう。
10社調べるのに10分かからないくらいです。
簡単に継続できますね。
1分で、さらっと3項目満たしているか調べます。
「ビジネスモデル、業績、財務」です。
「計画の進捗率」は最新の決算短信を読まないと分かりません。
「バリュエーション」は直近の株価を知る必要があります。


10社調べると、気になって深掘りしたい会社が1社あるか、ないかくらいです。
その1社を1時間かけて調べます。
・本当にビジネスモデルが良いのか
・本当に業績が良いのか
・本当に財務が良いのか
決算短信、有価証券報告書、説明会資料や、説明会動画、事業報告書・・・
IRページのありとあらゆる情報が頼りになります。
ここまでで1時間10分あれば十分ですね。


良さそうであれば、お気に入り銘柄(監視銘柄)に入れて、日々継続的に調査するのです。
計画の進捗率や、バリュエーションを判断して、その銘柄が中長期投資に値するとわかれば、投資を決定します。
(お気に入り銘柄(監視銘柄)は、別の時間をとって毎日きっちり勉強しましょう。)
picul.hatenablog.jp


これを毎日続けると、相当な力が付きますよ。
是非、チャレンジしてみてください。
毎日続ければ必ず習慣になります。
良い習慣を身につければ、良い人生が待っています。

【決算Goodだが・・・】エイジス(4559)はリテイルサービスと海外棚卸しが肝

エイジスが通期決算を発表しました。
増収増益で成長が継続です。


中期経営計画では2020年に売上高320億円
リテイルサービスと海外棚卸しは約10%の売上成長を想定。
営業利益率11.3%を掲げています。


実績値である2017年3月期の1株益は241.34円
今期予想である2018年3月期の1株益予想は243.48円
1株益の増加は鈍いです。

・1年以内の1株益成長は鈍い。
・中期経営計画通りに事が運べば順調な成長。
ということは、1年以内にはそれほど期待できず
数年レベルではGoodなファンダメンタルズ
だということです。


そのため、エイジスをチェックしている、様々な中長期投資家は選択することになります。
1年以内の株価パフォーマンスを気にしないなら、急落時に株を買うでしょう。
1年以内の株価パフォーマンスを気にするなら、まだ株を買わないでしょう。


決算材料をどう料理するかは
その投資家の考え方次第でどうにでもなります。

要は、自分がストーリーを描いた上で株を買うかです。
もちろん、そのストーリーが間違っているとわかれば、
利益が出ていようが出ていまいが売却(即撤退)です。

【決算GOOD】恩株のパラカ(4809)は保有継続!! 2017年9月期第2四半期

パラカ(4809)が9日、2017年第2四半期決算を発表しました。結論から申し上げるとGOODでした。売上高61億6000万円(3.4%増)、営業利益11億3600万円(8.2%減)、経常利益10億3200万円(7.3%減)、純利益6億9900万円(5.4%減)、1株益72.06円。そのため恩株として保有継続することにします。

 

 

2017年2月6日に発表した第1四半期決算では、中間予想を売上高63億円(5.8%増)、営業利益12億6000万円(1.8%増)、経常利益11億4000万円(2.3%増)、純利益7億5000万(1.5%増)、1株益77.55円の予想を発表していました。ということは中間予想を下ぶれたことになります。それなのに私は決算をGoodととらえました。なぜか気になりますよね。

 

 

決算短信の「経営成績に関する説明」を読むことで分かります。抜粋すると、「新規駐車場の開設が当初計画よりも順調に進み、賃料等の売上原価が先行したため、利益ベースでは計画値を下回りました。」と記載されています。そして、根本的に貸借駐車場はの契約は127件1,400車室純増してますし、同社が力を入れている保有駐車場においても、9件79車室を新規開設しています。よって、同社の成長は持続していると考えています。

 

 

管理する駐車場が順調に増えており、保有駐車場の取得にも積極的で将来の不安がありません。本日の終値株価は2,076円。今期予想PERは12.85倍。まだまだ割安ですし、恩株ですので、四半期決算の進捗が鈍くても、同社の長期的成長に陰りがないかぎり保有し続けたいと考えています。

 

 

 ■パラカ(4809)の過去記事はコチラです⇓⇓

 

picul.hatenablog.jp

 

picul.hatenablog.jp

【自分基準では☓の決算内容】日成ビルド(1916)

日成ビルド(1916)を中長期投資で保有していましたが
先ほど、580〜585円で全株利益確定しました。

理由は、決算内容に満足できなかったからです。
ストックビジネスに力を入れているので、長期的にはGoodですが、
今期予想の売上がほとんど伸びないところが、個人的には描いていたストーリーと違います。
もちろん、これは実績値が良すぎたため、今期予想が見かけ上悪くなっているだけです。
長期的には何ら問題の業績です。
しかし、私が望むのは安定した増収です。
売上が一貫して増収である会社が好きです。

同社については過去投資したことがあります。
それについては全株利益確定しています。

先月、朝鮮半島の地政学リスクにより日本株全体下げていましたね。
日成ビルドの株価も500円近辺まで下落していたので再度買い付けていました。
今回は2〜3週間しか保有していませんが、自分の描いていたストーリーと違えば、潔く全株売却して利益確定するときもあります。
自分のストーリーが間違っていました。

しかし、同社のビジネスモデルは大好きです。
そのため、またいつか投資するでしょう。

【本物の金持ち】資産を増やすことも大事だが、資産を維持することも大事。

皆さん、こんばんは。
GWは楽しく過ごせましたか?
ニュースのGW特集を見ると、渋滞や混雑でイライラしている家族がとりあげられていました。
決められた休日で遊びにいくのではなく、自分で休日をコントロールして、遊びたいときに遊べるのも投資家の醍醐味ですね。

さて、今日は株式投資をライフワークにする上で
とても大事なことをお伝えします。

それは
「資産を増やすことも大事だが、資産を維持することも大事。」

正直、資産を増やすことは、運が良ければ誰でも達成できます。
運が悪くても正しい考え方を学んで、焦らないで5年、10年
愚直に投資に励めばだれでも資産を増やすことができます。

資産を築けない人の特徴は
パッと思いつくと3つあります。

それは、
「行動していない、継続していない、焦りからの博打」
行動して、継続して、焦らないでいれば資産を築けるということを覚えておいてくださいね。

資産を増やすことが簡単なのはわかりました。

それでは資産を維持することも簡単なのでしょうか。
実は、これが難しいのです。

よくあるのが、億や数十億単位の財産を築いても、いつの間にか、無一文になる話です。
でも、その人は資産を増やす方法を知っているので、再度資産を築きます。
そして、また無一文になります。
これは、資産を維持することを知らないために起こってしまいます。
「資産を維持することを知らないのが悪い」というわけではありません。
ただ、知らないのです。

資産を維持する方法を学べば、稼いだお金を失うことはありません。
(もちろん、エキサイティングに稼いで失って、稼いで失って、を繰り返すのが楽しいのであれば話は別です)

では、資産を維持するにはどうすればいいのでしょうか。
各アセットにより方法が異なりますが基本的な概念は同じです。

それは、
「ポートフォリオの一部は、本質的に価値のあるものを、売買を目的とせずに長期で保有する」

不動産であれば、売買を目的とせずに、そこからの長期にわたるキャッシュフローを目当てとします。
例えば、エリアを見極めた上で、コインパーキングやレンタル収納、ビルやマンション(区分所有含む)などを長期で保有するのです。
もちろん、適正価格で手に入れることが大前提です。

株式で言えば世の中になくてはならないモノやサービスを提供し
今後も、永続的にお金を儲け続ける会社を安く買って長期で保有するのです。

私の場合、
恩株やREITは長期保有になります。
例えば、パラカやコムチュア、ステップ・・・他にもたくさんあります。
これらは過去に大きく儲けさせてもらった恩があるので、全部売却せずに一部を残して会社を所有し続けています。

主力銘柄のなかにも長期保有を目的とした銘柄があります。
例えば、エリアリンクやダイオーズ、ピックルスコーポ。
中長期投資を実践することで、毎年いくつかの恩株が生まれます。
それがまた、長期で保有する資産となり、資産の維持に一役担うのです。
ちなみに株式は49銘柄保有しており、7銘柄で資産の55%を占めています。

資産を増やすことも大事だが、資産を維持することも大事。
忘れないでください。

これを意識しているのと、していないのでは雲泥の差があります。

有限である命を無駄にしてはいけません。
お金が原因の不幸を避けて、日々を楽しもうではありませんか。